「図鑑哲学」トム・ジャクソン著 高橋昌一郎監訳 屋代菜海訳

公開日: 更新日:

 コロナだけでなく、分断や紛争、格差など、人類の先行きには不安がいっぱい。地球規模だけでなくとも、それぞれに悩みを抱え、不安が尽きないという人も多いことだろう。

 そんなときは哲学だ。難解そうで、すぐに人生に役立つとは思えない哲学だが、その歴史を見渡せば、今までとは異なる考え方ができたり、自分の存在について他にも多くの捉え方があることに気づくことができるという。

 本書は、偉大な思想家たちが人類史に刻んだ100の哲学的な見解を紹介する図鑑。その見解のひとつひとつが、人類にとっての発見であり、世界の成り立ちや人間のありように対する理解を変えてきた重要な問題を取り上げている。

 哲学の始まりは「世界は何でつくられているのだろう」というシンプルな疑問だった。紀元前6世紀、ギリシャの港町ミレトスに住むタレスは、それまでの「魔法によって」や「神話によると」という答えに納得せず、「あらゆるものは水からできている」と考えた。この世界はひとつのものからできているとする考え方は「一元論」と呼ばれ、タレスから西洋思想が始まったといわれる。

 以降、ソクラテスなどの古代ギリシャ哲学に始まり、また「哲学に近い」と言われてきた仏教、「神が存在するか、しないか」どちらに賭けるかを考えたパスカル、1790年代に有史以来の男性優位に抵抗を試みた史上初のフェミニストのメアリ・ウルストンクラフト、そしてこの世界はすべて未来のコンピューターシミュレーションでつくられた存在だという仮説を提唱する現代の哲学者ニック・ボストロムまで。人類の世界観を覆した人々とその哲学的成果を解説する。

 彼らの思想が、思い悩む私たちに意外な視点と新たな光をもたらしてくれるはずだ。

(ニュートンプレス 2300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  7. 7

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る

人気キーワード