「潜匠」矢田海里著

公開日: 更新日:

 潜水士の吉田浩文は港湾土木の工事現場で潜水業務をしていた。海中の離岸堤の基礎が完成したら、それを水中撮影するのが主な仕事だったが、ある日、海に落ちた車を引きあげてほしいと依頼された。

 現場に到着すると、警察や消防のほかにテレビカメラもいる。警察官が自殺を図ったらしい。潜ってみると、車内に年配の男が逆さになっているのが見えた。死体を乗せたままワイヤを付けて引きあげたが、それ以来、自殺者などの遺体の引きあげを依頼されるようになった。

 そして2011年3月、宮城県名取市閖上の海水浴場の警備を任された吉田は、東日本大震災に遭遇する。

 海で人命救助や遺体の引きあげに携わる潜水士のドキュメント。

(柏書房 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  3. 3

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  4. 4

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  5. 5

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  6. 6

    竹野内豊「イチケイのカラス」“HEROっぽさ”こそ月9の狙い

  7. 7

    渡り合える「強さ」で拭い去った夏目三久の「有吉の壁」

  8. 8

    都ファ議員ドタキャンは小池知事の圧力?出演予定者が明かす舞台裏

  9. 9

    吉田羊が主演ドラマをハシゴ 密会報道から5年目の完全復活

  10. 10

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

もっと見る

人気キーワード