「レストラン『ドイツ亭』」アネッテ・ヘス著 森内薫訳

公開日: 更新日:

 主人公は、レストラン「ドイツ亭」を営む両親と姉と弟と一緒にフランクフルトに暮らす24歳の女性・エーファ。普段は、損害賠償の話し合いなどの際に駆り出されるドイツ語とポーランド語の通訳として働いている。

 ある日、エーファは恋人のユルゲンに結婚の申し出をしてもらうため初めて家に招いた。しかしそんな最中に上司から電話が入り、ピンチヒッターとして仕事に駆り出される。何もわからないまま出かけたエーファだったが、それはアウシュビッツ裁判に必要な通訳の仕事だった。家族やユルゲンに反対されつつも、エーファは義務感に駆られて通訳を続けることに。しかし、それは何も知らなかった自分を揺るがす事実を暴くことになっていく……。

 本書は、脚本家としてキャリアがある著者が初めて手掛けた小説だが大きな反響を呼び、発表後23カ国で翻訳された。フィクションとはいえ、ナチス犯罪追及センターを設立した実在の検事長をモデルにした人物も登場する。 

 負の歴史に加担した人々が、どのようにしてその事実に向き合うことができるのか、考えさせられるアウシュビッツ裁判をテーマにした小説。

(河出書房新社 2900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  3. 3

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  4. 4

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  5. 5

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    福原愛が念願の五輪解説で大張り切り “不倫妻イメージ”払拭に躍起も複雑な胸中

  8. 8

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  9. 9

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  10. 10

    中居正広が「酒浸り」告白 五輪キャスター“再選出”も声かからず意気消沈の日々

もっと見る

人気キーワード