「ルポ東尋坊」下地毅著

公開日: 更新日:

 福井県坂井市にある東尋坊。2010年、この地で一人の男性が「NGO 月光仮面」を名乗って自殺防止活動を始めた。定期パトロールは水曜と土曜の週2回だが、東尋坊の近くにある2台の公衆電話ボックスに置いた月光仮面の名刺を見て電話をかけてくる者がいれば、すぐに駆けつける。10年前、名刺を置いて最初に電話をかけてきたのが28歳のマサキだった。

 継父に虐待され育ったマサキは、26歳の頃から自殺未遂を繰り返し、あるとき訪れた東尋坊で、ふと公衆電話が目に入った。中にあった名刺に電話をかけると、月光仮面がすぐに駆けつけてきて「電話をかけてきたってことは生きたいってことだよね」。

 月光仮面に手伝ってもらって生活保護を申請し、1カ月後には東尋坊近くのアパートで一人暮らしをスタート。今はそのマサキが、真っ先にSOSの電話の主の元に駆けつける役割を担っている。

 同居の男から暴力を振るわれ、両親の位牌(いはい)を持って東尋坊にやってきたリカコ(52歳)、派遣切りで収入が途絶えたオサム(42歳)ら、保護された人々の人生と、その活動をルポルタージュ。自殺防止にとどまらず自立を促していく過程では、支援者たちの温かさの半面、生保申請をあの手この手で受け付けない窓口の冷たさ、自殺以外に解決策がないと思い込まされる現代社会のありさまが透けて見える。

(緑風出版 2400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  10. 10

    東京まん延防止適用 3度目宣言のカウントダウンが始まった

もっと見る

人気キーワード