「介助の仕事」立岩真也著

公開日: 更新日:

 国の主要な制度である公的介護保険とは別にある、障害者の介護を担う「重度訪問介護」制度の仕組みを解説しながら、介助(介護)という仕事の本質に迫るテキスト。

 公的介護保険は重い等級でも最大1日2時間程度の訪問介護しか受けられないが、重度訪問介護では最大で毎日24時間、同時に2人のヘルパーまで利用できる。夜間、寝ているときでも痰の吸引などが必要だからだ。

 基本的には、本人=利用者のいるところに出向いて、付き添い、その人の指示があれば、それに従って動くというもの。ゆえに主体性を必要としない仕事でもあるという。その仕事をするということ、その仕事を使って生きるということ、そして制度の現状と未来について、ヘルパー、利用者双方の視点から語る。

(筑摩書房 902円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  2. 2

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  5. 5

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  6. 6

    植山直人氏「政府は命をなんだと思っているのでしょうか」

  7. 7

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  8. 8

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  9. 9

    映画「宮本から君へ」裁判で全面勝訴! 忖度なき映画プロデューサーの“アンチ魂”

  10. 10

    連日ウソばかり 橋本聖子会長が自己崩壊しない摩訶不思議

もっと見る

人気キーワード