北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「魂手形」 宮部みゆき著

公開日: 更新日:

 第2話「一途の念」のなかに、串団子の屋台を営むおみよが富次郎を訪ねてきて、畳に指をついて頭を下げるシーンがある。手土産の団子のお礼を言われたので、おみよが思わず「お恥ずかしゅうございます」と言う場面だ。その慣れない丁寧言葉が可愛らしかったので、富次郎と古参女中のおしまが顔を見合わせるというなんでもないシーンだが、ここで熱いものが突然こみ上げてきた。まだ、おみよの人生の話を聞く前であるのに、どうして悲しくなったのか、自分でもわからない。本当に、ぐっとくる場面はその少しあとに出てくるが、それより前なのだ。宮部みゆきの魔法としか言いようがない。

 毎回ゲストを呼んで変わった話を聞くというシリーズの最新作で、本書はその第7作だが、このシリーズはどこから読んでも大丈夫なので安心して手に取られたい。話の聞き手が前作から代わったこと、巻によって「深刻な話」と「ほっこりした話」が交互につづられること。その2点を頭に置くだけでいい。今回は「ほっこりした話」だ。3編をおさめているが、いちばん長いのが表題作で、ここに登場する体の大きな女性お竹のキャラがいい。

 ひとつだけ書いておきたいのは、「ほっこりした話」だからといって、ベタ甘のハッピーエンド話というわけではないことだ。悲しくつらく、やるせない話である。ただ、そういうことに負けない強い感情が底に眠っているから、元気が出てくるのである。

(KADOKAWA 1760円)

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    弟子の稽古より“政治活動”にご執心だった…“パリピ”白鵬の指導熱心はどこまで持つのか

    弟子の稽古より“政治活動”にご執心だった…“パリピ”白鵬の指導熱心はどこまで持つのか

  2. 2
    ニデック(下)カリスマ経営者が自動車メーカーのEVシフトを読み違えて大きく躓いた

    ニデック(下)カリスマ経営者が自動車メーカーのEVシフトを読み違えて大きく躓いた

  3. 3
    小池都知事「学歴詐称疑惑」再燃 衆院東京15区補選“アウト”…「女帝」頼みの岸田首相も打つ手なし

    小池都知事「学歴詐称疑惑」再燃 衆院東京15区補選“アウト”…「女帝」頼みの岸田首相も打つ手なし

  4. 4
    中森明菜は20年前の「アンタ、仕事やめたほうがいいよ」の言葉を噛みしめてほしい

    中森明菜は20年前の「アンタ、仕事やめたほうがいいよ」の言葉を噛みしめてほしい

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    「間違いなく負担は増えている」 大谷が世界に向けて警鐘を鳴らすMLB時短策の弊害

    「間違いなく負担は増えている」 大谷が世界に向けて警鐘を鳴らすMLB時短策の弊害

  2. 7
    打率1位の岡本と同5位の坂本 Wコンバートが示す巨人阿部監督の深謀遠慮

    打率1位の岡本と同5位の坂本 Wコンバートが示す巨人阿部監督の深謀遠慮

  3. 8
    大谷絶好調の裏にMLBとドジャースの「特別扱い」…異例のバックアップ体制で打率.345

    大谷絶好調の裏にMLBとドジャースの「特別扱い」…異例のバックアップ体制で打率.345

  4. 9
    ニデック(上)在籍2年のソニーグループ出身・岸田光哉副社長を社長に起用した理由

    ニデック(上)在籍2年のソニーグループ出身・岸田光哉副社長を社長に起用した理由

  5. 10
    大谷翔平はカネを引っ張れる“最大のツール”…MLBが賭博醜聞にさっさと幕引き図る複雑事情

    大谷翔平はカネを引っ張れる“最大のツール”…MLBが賭博醜聞にさっさと幕引き図る複雑事情