北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「老いた殺し屋の祈り」マルコ・マルターニ著、飯田亮介訳

公開日: 更新日:

 オッソは、2メートル近い体格とその無慈悲さから、「熊」と呼ばれてきた男である。組織の殺し屋として、ボスのロッソの片腕として活躍してきたが、しかし60歳を越え、心臓発作で倒れてからは引退を考えはじめている。そんなときに思い出すのは、40年前に生き別れた恋人と幼い娘のことで、一目だけでもいいから会いたいと思うようになる。

 で、その昔の恋人と娘がいま住んでいる町を捜しだすのだが、そこに向かう途中の列車で突然男たちに襲われる。ここからは激しいアクションの連続で、休む暇なくたたみかけてくるので、もう一気読みだ。

 オッソは世界中の町に隠れ家を持ち、そこには銃や資金が置いてある。なにもなくてもその隠れ家を定期的にまわって、異常がないことを確認しているのだが、列車内で襲われてからその隠れ家の一つに行くと、そこに3人の男たちが待ち構えている。誰にも教えていない隠れ家をどうして突き止めたのか、オッソにはわからない。オッソを邪魔するのは、組織のボスなのか、それとも敵対する組織なのか、暗中模索の戦いは続いていく。はたしてオッソは、恋人と会えるのか――という興味もあるので、ページをどんどんめくっていくのである。

 著者はイタリア映画界で活躍している人で、小説は本書が初。テンポのいい展開は、映画界の人ならではだ。アクション小説に飢えている人にはおすすめの小説だ。

 (ハーパーコリンズ・ジャパン 1300円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

もっと見る

人気キーワード