「犬と歩けばワンダフル」北尾トロ著

公開日: 更新日:

 御年70歳の舟木孝美さんは現役のベテラン猟師。猟犬と一緒に山に入り、ひとりで獲物を狙うスタイルだが、とにかく猟犬へのこだわりと愛情がハンパない。多くの猟師にとって犬はサポート役だが、舟木さんは「猟犬ファースト」。猟犬の持つ能力を存分に引き出して獲物を仕留めることが第一だ。そんな姿に、著者は密かに「猟犬猟師」と名付ける。

 2月のある日、舟木家の4頭のうち猟にお供したのは紀州犬の血が濃いアンズ(メス)とブラ(オス)。リードを離すと2頭はすっ飛んでいくが、付近に獲物がいなければ戻ってくる。次の猟場でも気配がないと判断すれば引き返してくるのだ。その能力を目の当たりにして著者は驚く――。

 自身も狩猟免許を持つ著者が、2年にわたり信州に暮らすベテラン猟師と猟犬を密着取材した猟犬ドキュメント。猟犬に対する好奇心からスタートした取材は、やがて犬を使った狩猟が成立するのは、人間と犬との関係性があるからだと気づく。ひとつのチームとして獲物に向かい、犬は猟師を喜ばせることが自分の喜びとなるのだ。

 取材2年目にはアンズとブラの子ども2頭も猟場デビュー。親犬から学んでいく様子や、猟犬訓練所など知られざる狩猟と猟犬の世界を臨場感たっぷりに伝える。個性豊かな6頭の写真も豊富。 (集英社 1760円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  2. 2

    中村アンvs石原さとみ 話題の“ショートカット対決”の行方

  3. 3

    小室圭さんが享受する”特権待遇”は眞子さまとの結婚後も

  4. 4

    テレ朝斎藤アナ“お泊まり愛”のお相手 TBS小林廣輝アナって

  5. 5

    「安心安全とは?」の本紙質問に橋本組織委会長の“迷回答”

  6. 6

    「恋ぷに」大苦戦の石原さとみが日テレに抱いた深い不信感

  7. 7

    石原さとみ「結婚」でもキャラ変できず…北川景子との明暗

  8. 8

    小池女帝「都議選惨敗データ」に真っ青…都ファ30減の衝撃

  9. 9

    自民・武井俊輔議員「当て逃げ事故」の真相 被害者が語る

  10. 10

    「コロナは風邪」で入院 旧N国党首は自分の常識を疑え

もっと見る

人気キーワード