「168時間の奇跡」新堂冬樹著

公開日: 更新日:

 主人公は、保護犬施設「ワン子の園」を運営している沢口涼也。ボランティアスタッフに支えられながら、理不尽に見捨てられた保護犬を世話し、大切に飼ってくれる里親を探す日々を送っている。かつての涼也は街金融の支店長として高給を得ていたのだが、自分の取り立てによって結果的に栄養失調で死んだ犬との出合いを契機に、その贖罪(しょくざい)として今の仕事を始めたのだ。

 そんなある日、恋人の華が働く動物愛護相談センターに、売れ残った犬や猫を繁殖業者と組んで闇業者に高値で売っているペットショップがあるという通報が入る。そのペットショップは、ボランティアスタッフでトリマーの沙友里が働いている店だった。実情を探ろうとした涼也は沙友里の協力を得て調査を始めたものの、ますます疑惑が強まり、街金融時代のツテを使い業者の実態を調べるのだが……。

血塗られた神話」で第7回メフィスト賞を受賞して以来、金融業界の闇を描いた作品などで評価の高い著者による最新作。ブラックな業界から一転してボランティアに身を投じた主人公の真っすぐな正義感と現実社会との葛藤が描かれている。

(中央公論新社 1870円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  7. 7

    組織委の露骨な人種差別発覚! アフリカ人パフォーマーの開会式出演を排除していた

  8. 8

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  9. 9

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  10. 10

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

もっと見る

人気キーワード