「曲亭の家」西條奈加著

公開日: 更新日:

 江戸一番の売れっ子戯作者、曲亭馬琴の息子・宗伯に嫁いだお路。見合いのとき、真面目そうだと好感を持ったものの、嫁いで半月もせぬうちに家を飛び出してしまう。夫・宗伯は医者ながら体が弱くかんしゃく持ちで、しゅうとは万事に厳しく女中も居着かない。似た者父子に対し、さまざまに我慢を重ねていたが、ある騒動を機にお路は我慢の糸がプツリと切れたのだ。

 馬琴が倒れたことで否応なく婚家に戻ったが、これを境に宗伯とお路の立場は逆転。黙って夫にかしずくことはせず、家中の采配を振るっていく。やがてお路は2人の子を授かるが、馬琴の傲岸と、宗伯としゅうとめのわがままで気の休まる間がない。そんな中、馬琴の右目が見えなくなる……。

 第164回直木賞を受賞した著者による受賞後初の書きおろし長編。人気戯曲者の面倒くさい家族の中で奮闘するお路を主人公に、その半生を描く。時には「馬琴なんてくそくらえ」と心で叫び、「どうしてこんな家に嫁いだのか」と嘆きながらも、日々の中に小さな幸せを見つけていく姿が頼もしい。

 夫の死後も婚家に残り、馬琴の「里見八犬伝」の代筆を務め、嫁にして馬琴の唯一無二の弟子と称されたお路の、我慢だけで終わらなかった姿があっぱれだ。

(角川春樹事務所 1760円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  5. 5

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  6. 6

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  7. 7

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  8. 8

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  9. 9

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  10. 10

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

もっと見る

人気キーワード