「曲亭の家」西條奈加著

公開日: 更新日:

 江戸一番の売れっ子戯作者、曲亭馬琴の息子・宗伯に嫁いだお路。見合いのとき、真面目そうだと好感を持ったものの、嫁いで半月もせぬうちに家を飛び出してしまう。夫・宗伯は医者ながら体が弱くかんしゃく持ちで、しゅうとは万事に厳しく女中も居着かない。似た者父子に対し、さまざまに我慢を重ねていたが、ある騒動を機にお路は我慢の糸がプツリと切れたのだ。

 馬琴が倒れたことで否応なく婚家に戻ったが、これを境に宗伯とお路の立場は逆転。黙って夫にかしずくことはせず、家中の采配を振るっていく。やがてお路は2人の子を授かるが、馬琴の傲岸と、宗伯としゅうとめのわがままで気の休まる間がない。そんな中、馬琴の右目が見えなくなる……。

 第164回直木賞を受賞した著者による受賞後初の書きおろし長編。人気戯曲者の面倒くさい家族の中で奮闘するお路を主人公に、その半生を描く。時には「馬琴なんてくそくらえ」と心で叫び、「どうしてこんな家に嫁いだのか」と嘆きながらも、日々の中に小さな幸せを見つけていく姿が頼もしい。

 夫の死後も婚家に残り、馬琴の「里見八犬伝」の代筆を務め、嫁にして馬琴の唯一無二の弟子と称されたお路の、我慢だけで終わらなかった姿があっぱれだ。

(角川春樹事務所 1760円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  2. 2
    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

  3. 3
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  4. 4
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  5. 5
    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

  1. 6
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  2. 7
    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

  3. 8
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  4. 9
    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

  5. 10
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?