「丸い地球のどこかの曲がり角で」ローレン・グロフ著 光野多惠子訳

公開日: 更新日:

 夫婦生活を夫と妻の別々の視点から描いた長編「運命と復讐」が、オバマ元大統領に絶賛されて一躍世界中の文壇から注目を浴びた著者による短編小説集。表題作は爬虫(はちゅう)類好きの父とそんな父から逃れて本屋を営む母との間を行き来した少年ジュードの物語だ。

 爬虫類のすむ沼のほとりのクラッカーハウスで生まれたジュードは、父が持ち込む蛇と共に育った。母親は家の湿気と絶えず侵入してくる蛇に疲れ果て、父親が持ち込んだ蛇を殺してジュードを連れて家を出たものの、家に連れ戻されてしまう。再度家を出ようとした母親はジュードを父親に奪われ、ジュードは父親とふたりだけの生活を始めることになるのだが……。太陽が降り注ぐ土地というイメージで語られがちなフロリダを舞台に、その明るさの陰にうごめく闇の部分を描写している。ほかにも息子の巣立ちを予感する母親の物語「亡霊たちと抜け殻たち」、奨学金の受給停止を機に路上生活者に転落した女子大学院生を描いた「天国と地獄」、避難勧告時に家に居座る女性を幽霊が訪ねてくる「ハリケーンの目」など、計11編が収録されている。

(河出書房新社 3300円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  2. 2

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  3. 3

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  4. 4

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  5. 5

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  6. 6

    植山直人氏「政府は命をなんだと思っているのでしょうか」

  7. 7

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  8. 8

    下戸の野口修が山口洋子の「姫」に足しげく通った理由

  9. 9

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  10. 10

    映画「宮本から君へ」裁判で全面勝訴! 忖度なき映画プロデューサーの“アンチ魂”

もっと見る

人気キーワード