終わりなきパンデミック

公開日: 更新日:

「リニア中央新幹線をめぐって」山本義隆著

 変異型ウイルスの感染拡大にもかかわらず五輪開催を強行した菅内閣。これはもはや人災ではないのか。終わりなきパンデミックはどこへ?



 著者はいわずとしれた元東大全共闘委員長。科学史の分野では著作がいくつもあるが、パンデミック特集のブックガイドの冒頭にこの書名?

 実は副題が「原発事故とコロナ・パンデミックから見直す」。そう、ポスト3・11とポスト2020の現在をふまえ、計画中のリニア中央新幹線建設を例として、現状の体たらくを鋭く批判するのだ。

 著者は科学の役割はかつては「啓蒙」だったが、いまは「批判」でなければならないという。原子力が典型例。その「平和利用」は科学による一般の啓蒙=教化だったが、3・11後の現在は批判以外にはありえない。電力を大量消費するリニア新幹線は、前世紀的な高度成長への覚めない夢にしがみつく劣化した日本政治の象徴。無意味な巨大公共プロジェクトに執着する暴走ぶりは、まさに感染抑制になんら寄与しない東京五輪強行の現状にも共通して見て取れるものだろう。

 技術ナショナリズムにとらわれた御用学者たちの「グレーター東京」計画を真っ向から批判する舌鋒は、鋭いと同時に、どこかたしなめるような口調もともなう。そこにこの国の未来を真に気づかう著者の心を見ることができよう。

(みすず書房 1980円)

「感染列島強靱化論」藤井聡、高野裕久著

 ともに京大教授の著者。ひとりは安倍内閣の参与として「国土強靱化計画」に深くかかわり、もうひとりは医師として都市環境工学にたずさわる。

 冒頭、大規模感染に対する日本の対応能力は「極めて低い水準であった」とし、最大の正念場は「今年の冬」だという。単にインフルエンザと新型コロナのダブル感染がこわいというだけではない。感染下で大災害が起こる危険性を指摘するのだ。コロナ収束前に「超巨大地震が発生してしまう確率は3割から5割」だという。そのとき、被災地の衛生環境は「最悪水準」になるのは火を見るよりも明らか。

 ではどうすればよいのか。全体の備えには長い時間がかかるはず。すぐにも議論し、すぐにも始めないと、と思わせる説得力だ。

(晶文社 1760円)

「最悪の予感」マイケル・ルイス著 中山宥訳

 元ソロモン・ブラザーズの営業担当としてバブル景気を満喫した著者。その後は映画にもなった「マネー・ボール」などのベストセラーを出す作家に転身した。本書はそんな時流に敏感なトレンドウオッチャーが書いた、アメリカ医療従事者のパンデミック戦記だ。

 実は以前からアメリカでは医師や免疫学者など一部専門家の間で感染症蔓延についての危惧が囁かれていた。さらにブッシュ大統領は100年前のスペイン風邪についての本を読み、自らパンデミック対策の旗を振った。ただし、9・11同時多発テロの直後にはこの懸念が“イラクは天然痘ウイルスを保有し、米国への攻撃材料にしようとしている”という疑念につながってしまう。

 今回のコロナ=「チャイナ・ウイルス」説にも通じるアメリカならではの怖い話だ。

(早川書房 2310円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  2. 2
    ワクチン接種完了でも「150日間で死者10万人超」の衝撃予測! 行動制限を緩和して大丈夫なのか?

    ワクチン接種完了でも「150日間で死者10万人超」の衝撃予測! 行動制限を緩和して大丈夫なのか?

  3. 3
    二刀流で結果残す大谷翔平に冷ややかな視線…気になる他球団投手陣からのやっかみ

    二刀流で結果残す大谷翔平に冷ややかな視線…気になる他球団投手陣からのやっかみ

  4. 4
    マルサに目をつけられた 川崎“ハイレベル”ソープ経営者のド派手生活と脱税手口

    マルサに目をつけられた 川崎“ハイレベル”ソープ経営者のド派手生活と脱税手口

  5. 5
    巨人は今年も「育成」大量指名か…“買い漁り”に他球団や大学から悲鳴とブーイング

    巨人は今年も「育成」大量指名か…“買い漁り”に他球団や大学から悲鳴とブーイング

もっと見る

  1. 6
    中田翔が二軍で打撃大爆発も居場所なし…巨人ファームは「とっとと一軍へ」が本音

    中田翔が二軍で打撃大爆発も居場所なし…巨人ファームは「とっとと一軍へ」が本音

  2. 7
    安倍前首相は真っ青…チルドレン90人“造反”で総裁選「高市氏支持」まとまらず

    安倍前首相は真っ青…チルドレン90人“造反”で総裁選「高市氏支持」まとまらず

  3. 8
    日本ハム中田翔「暴力事件」一部始終とその深層 後輩投手の顔面にこうして拳を振り上げた

    日本ハム中田翔「暴力事件」一部始終とその深層 後輩投手の顔面にこうして拳を振り上げた

  4. 9
    ソフトB自力優勝消滅で崖っぷち…V逸なら再び浮上する「ポスト工藤」に城島アドバイザー

    ソフトB自力優勝消滅で崖っぷち…V逸なら再び浮上する「ポスト工藤」に城島アドバイザー

  5. 10
    神戸山口組の中核組織「山健組」分裂と兵庫県警が断定 ヤクザ業界にまた血の雨が降る

    神戸山口組の中核組織「山健組」分裂と兵庫県警が断定 ヤクザ業界にまた血の雨が降る

人気キーワード