北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「ラストワンマイル」風戸野小路著

公開日: 更新日:

 いやはや、大変だ。秋山が働く国内大手物流会社は、ほとんどブラック企業なのである。サービス残業を強要され、その日のうちに配達が完了すればいいほうで、昼飯を座って食べたことがない。それどころか食べている暇もない過酷な日々である。

 会社創業間もない頃から働いている秋山は、定年まであと1年。噂では、退職金を払いたくない会社が「ジジイ狩り」を繰り出して、老年社員を追い出しているという。そんなときに、港北第三営業所の所長就任を要請されるのである。断りきれずに所長になると、慣れない書類仕事が山ほどあり、これが「ジジイ狩り」なのかと思うほど。

 おまけに港北第三営業所には問題の多い社員が少なくない。たとえば、元暴走族のリーダー西野だ。しょっちゅうクレームが入るのだ。「再配達でお時間指定されていて、お留守でしたよねえ。それですぐに持ってきては難しいですって言いました」と言うので、秋山が「本当にそう言ったの?」と尋ねると、本当は「テメーで時間指定して、すっぽかしといて、すぐ持ってこいだと! どの口が言ってんだ!」と言っちゃったという。集配作業が遅い宇佐美は時間を取り戻すために焦って事故を起こすことが少なくないし、秋山所長は大忙し。

 そういう宅配便営業所の日々を軽妙に描きながら、現状を変革しようとする秋山の戦いを痛快に描く長編だ。 (集英社 704円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    眞子さんはNYで庶民生活を満喫! 迷子になってもへっちゃら…

    眞子さんはNYで庶民生活を満喫! 迷子になってもへっちゃら…

  2. 2
    NHK和久田麻由子アナが「おめでた」か? 産休後の後任と“玉突き人事”を勝手に占う

    NHK和久田麻由子アナが「おめでた」か? 産休後の後任と“玉突き人事”を勝手に占う

  3. 3
    サンモニ降板の張本勲氏、AKB妊娠発言の徳光和夫…“困った高齢者”が抱える共通項

    サンモニ降板の張本勲氏、AKB妊娠発言の徳光和夫…“困った高齢者”が抱える共通項

  4. 4
    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

  5. 5
    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

もっと見る

  1. 6
    森田剛が「5代目相棒」候補に急浮上! 稲垣吾郎、竹野内豊、向井理の名前も

    森田剛が「5代目相棒」候補に急浮上! 稲垣吾郎、竹野内豊、向井理の名前も

  2. 7
    中学受験「私立か公立か」開成と都立小石川中教の両方に合格したら…

    中学受験「私立か公立か」開成と都立小石川中教の両方に合格したら…

  3. 8
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

  4. 9
    「高校監督時にプロ入りを勧めたのは新庄一人だけ」西日本短大付高の元監督が明かす

    「高校監督時にプロ入りを勧めたのは新庄一人だけ」西日本短大付高の元監督が明かす

  5. 10
    創業3年で月商1億円突破! ネット通販サイトを成功させた元イケメン俳優の挫折と道程

    創業3年で月商1億円突破! ネット通販サイトを成功させた元イケメン俳優の挫折と道程

人気キーワード