「日本の食と農の未来」小口広太著

公開日: 更新日:

 日本の食料自給率は40%を下回っている一方、飽食の時代も続いている。しかし、このまま地球環境が悪化し、農作物の輸出入に不測の事態が起きたら、私たちの食卓はどうなるのだろうか。本書では、持続可能な社会における食、そして農について解説している。

 農林水産業から食品製造業、食品小売業などを経て消費者の食卓に至るまでの食料供給の流れは、すべての段階で温室効果ガスを発生させており、それそのものが気候変動を促す原因となっている。そして、食料自給率の低い日本は、他国よりも多くの温室効果ガスを排出しているのだという。

 食料の輸入が地球環境に与える負荷を把握する、フード・マイレージという指標がある。食料の輸送量に輸送距離を掛け合わせて導き出すものだが、日本のフード・マイレージは世界トップの約9000億トン・キロメートル。2位の韓国や3位のアメリカの約3倍という不名誉な結果だ。

 さらに、輸入される食料の中には森林伐採や土地奪取に伴い、現地の人々の生活を脅かしているものもある。農薬や化学肥料の過剰使用で、土壌劣化を加速させている食料もある。

 日本は特に穀物を大量に輸入しており、これが世界の穀物市場の不安定化を招いているという一面もある。食料自給率の点から見ると、日本はSDGsに逆行しているといっても過言ではない。

 本書では、若い世代で目立ち始めた非農家出身の新規就農者や、国の独立就農サポート体制なども紹介。生産者と消費者の距離が近い、ローカル・フードシステムの広がりについても解説している。

“持続可能な食卓”のためにできることを、私たち一人一人が考えなければならない。

(光文社 902円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    どこが「伝統の一戦」? 阪神vs巨人の息詰まる投手戦をブチ壊した延長のヘボ合戦

    どこが「伝統の一戦」? 阪神vs巨人の息詰まる投手戦をブチ壊した延長のヘボ合戦

  2. 2
    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

  3. 3
    全米プロは6人中4人が予選落ち…新時代のセッティングに経験不足の日本選手「白旗」

    全米プロは6人中4人が予選落ち…新時代のセッティングに経験不足の日本選手「白旗」

  4. 4
    欧米の脱ロシア依存制裁がジワリ効果…薄給の兵士に“賃上げ”できず士気が急低下

    欧米の脱ロシア依存制裁がジワリ効果…薄給の兵士に“賃上げ”できず士気が急低下

  5. 5
    TOKIOが土地購入「福島県西郷村」は人口増加エリアで低い高齢化率、新幹線も停まる凄い村

    TOKIOが土地購入「福島県西郷村」は人口増加エリアで低い高齢化率、新幹線も停まる凄い村

もっと見る

  1. 6
    深田恭子が“深酒破局”報道後初めて公の場に…天性の女優は「不惑」の波をどう乗り越える

    深田恭子が“深酒破局”報道後初めて公の場に…天性の女優は「不惑」の波をどう乗り越える

  2. 7
    2歳児がスマホでチーズバーガーを31個も注文! ママの困惑に全米バカ受け

    2歳児がスマホでチーズバーガーを31個も注文! ママの困惑に全米バカ受け

  3. 8
    次に入浴するのは誰? NHK朝ドラ「ちむどんどん」の連続“お色気シーン”が大盛り上がり

    次に入浴するのは誰? NHK朝ドラ「ちむどんどん」の連続“お色気シーン”が大盛り上がり

  4. 9
    「エマニエル夫人」が帰ってくる! 仏俳優レア・セドゥ主演でリメーク決定の本気度

    「エマニエル夫人」が帰ってくる! 仏俳優レア・セドゥ主演でリメーク決定の本気度

  5. 10
    泥酔ベロベロ財務次官候補が電車内で大暴れ逮捕…終電間際なのに公用車を使わなかったワケ

    泥酔ベロベロ財務次官候補が電車内で大暴れ逮捕…終電間際なのに公用車を使わなかったワケ

人気キーワード