「認知症世界の歩き方」筧裕介(issue+design)著

公開日: 更新日:

 2025年には65歳以上の高齢者の5人に1人が認知症になるともいわれている。認知症になると、心と体にどんな問題が起きるのか。いつ、どこで、どのような状況で生活のしづらさを感じるのか。

 本書は、約100人にインタビューを重ね、集めた情報をもとに、認知症当事者が経験する出来事を「旅行記」のようにまとめたイラストブック。

 まずは、この世界に到着した旅人誰もが乗り込む「ミステリーバスの旅」。このバスは、これまでの道のり(過去)、現在地(今)、旅のプラン(未来)が全部分からなくなってしまう不思議な乗り物だ。

 アナウンスを聞いていても「自分が降りるバス停だとはまったく気がつかなかった」、降りるバス停が近づき「よし降りるぞ」と意気込んだが「なぜか自分の手が、目の前に見えているボタンに向かって伸びていかない」など。

 当事者である「旅人」たちのそんな体験を紹介しながら、「もの忘れ」と「記憶障害」の違いや、バスや電車から降りられなくなるのはなぜかなど、認知症患者の脳の中でどのようなことが起きているかを解説する。

 他にも、晴れた日には絶景が広がるが、ひとたび天気が崩れたら目の前が真っ白に染まり、同時に目に焼き付けたはずの絶景の記憶が跡形もなく消える「ホワイトアウト溪谷」や、歩いていると忘れがたい思い出が次々と呼び起こされ夢中で当時と同じ行動をとってしまう「アルキタイヒルズ」などの旅を例に、同じ品を何度も買ってきてしまう理由や、徘徊のメカニズムを解説するなど。

 認知症の人が生きている世界を13のストーリーで体験。後半では自分が旅人になったらどのように旅をするべきかも順序だててガイドしてくれる。

 人生100年時代を生きるための心強い手引書だ。

(ライツ社 2090円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

  2. 2
    松井市長が呼びかけた「大阪雨がっぱ」36万着…あれから2年弱でどうなった?

    松井市長が呼びかけた「大阪雨がっぱ」36万着…あれから2年弱でどうなった?

  3. 3
    麒麟・川島のTBS「ラヴィット!」が支持され始めたワケ バラエティー路線の徹底が吉

    麒麟・川島のTBS「ラヴィット!」が支持され始めたワケ バラエティー路線の徹底が吉

  4. 4
    元妻・神田沙也加さんの愛犬引き取り慈しむ村田充 ネット上に「みつさん、ありがとう」の声溢れる

    元妻・神田沙也加さんの愛犬引き取り慈しむ村田充 ネット上に「みつさん、ありがとう」の声溢れる

  5. 5
    日ハムは新庄監督主導で地獄のキャンプに コーチ陣「結果出なきゃ1年でクビ」で戦々恐々

    日ハムは新庄監督主導で地獄のキャンプに コーチ陣「結果出なきゃ1年でクビ」で戦々恐々

もっと見る

  1. 6
    10歳の沙也加さんの前で母・聖子は仏頂面…神田正輝との“愛情格差”をベテラン記者は見た

    10歳の沙也加さんの前で母・聖子は仏頂面…神田正輝との“愛情格差”をベテラン記者は見た

  2. 7
    東出昌大に「コンフィデンスマンJP」続編降板説…“英雄編”PRに姿なく質問NGで憶測飛ぶ

    東出昌大に「コンフィデンスマンJP」続編降板説…“英雄編”PRに姿なく質問NGで憶測飛ぶ

  3. 8
    細川ふみえの入浴剤CMを見て「フーミンは“さげまん”なんだよ」という言葉を思い出した

    細川ふみえの入浴剤CMを見て「フーミンは“さげまん”なんだよ」という言葉を思い出した

  4. 9
    2022年冬ドラマはコレを見る! オススメの3本を早出し

    2022年冬ドラマはコレを見る! オススメの3本を早出し

  5. 10
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

人気キーワード