「お寺の掲示板 諸法無我」江田智昭著

公開日: 更新日:

 お寺の門前に設置され、布教活動の一環として仏教の教えや名言、至言を掲げる掲示板の歴史は100年以上に及ぶそうだ。

 その掲示板の写真をSNSに投稿して、メッセージのありがたさやインパクトなどによって賞を贈る「輝け! お寺の掲示板大賞」から生まれた写真集第2弾。

 本書では2019、20年に投稿された作品を紹介しながら、大賞の企画者で現職の僧侶でもある著者が、それぞれの言葉を解説してくれる。

 冒頭に紹介されるのは、20年の大賞作品に選ばれた熊本県球磨郡湯前町の明導寺の掲示板。

 そこに記されていたのは「コロナよりも 怖いのは 人間だった」との言葉。これは神奈川県のドラッグストアの店員さんのツイッターでのつぶやきで、ツイート当時は新型コロナが猛威を振るい始め、人々がマスクを求めて殺気立っていた。

 人はこの掲示板に、傍若無人な振る舞いをする「他人」の姿をイメージし、無意識に「コロナよりも怖いのは他人だ」と心ですり替えてしまう。

 著者はさらに踏み込み、浄土真宗に伝わる故事や、親鸞上人の教えを紹介しながら、他人の醜い本性に目を向ける前に、他者を平気で傷つける愚かで醜い自分自身の姿に気づくことの大切さを説く。

 他にも大ヒットアニメの登場人物のセリフ「老いることも 死ぬことも 人間という 儚い生き物の 美しさだ」(西本願寺鹿児島別院)、流行語を取り入れた「ぴえんもご縁 超えてご恩」(福岡県・永明寺)、NHKの人気番組の決めゼリフをもじった「ボーッと 生きても いいんだよ」(石川県・恩栄寺)、思い通りにならない人生を表すとともに、他人と比べることの愚かさを一言で表した「隣のレジは早い。」(東京都・延立寺)など。ちょっと笑えて、深くうなずく現代版ポケット経典。

(新潮社 1100円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “お局バラドル”山瀬まみにリストラの嵐…「新婚さんいらっしゃい!」桂文枝卒業の余波

    “お局バラドル”山瀬まみにリストラの嵐…「新婚さんいらっしゃい!」桂文枝卒業の余波

  2. 2
    宮地真緒が36歳ラストヌード写真集で魅せた正統派セクシー

    宮地真緒が36歳ラストヌード写真集で魅せた正統派セクシー

  3. 3
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  4. 4
    ジョコビッチ反撃のノロシ!「精神的苦痛受けた」5億円の損害賠償求め豪政府を提訴へ

    ジョコビッチ反撃のノロシ!「精神的苦痛受けた」5億円の損害賠償求め豪政府を提訴へ

  5. 5
    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

もっと見る

  1. 6
    関ジャニ∞大倉忠義と広瀬アリスの熱愛報道にジャニーズ事務所が「ノーコメント」なワケ

    関ジャニ∞大倉忠義と広瀬アリスの熱愛報道にジャニーズ事務所が「ノーコメント」なワケ

  2. 7
    岸田首相は感染猛拡大後もグルメ三昧! 高級店で連夜の会食、口先だけの「コロナ最優先」

    岸田首相は感染猛拡大後もグルメ三昧! 高級店で連夜の会食、口先だけの「コロナ最優先」

  3. 8
    年末に相次いだ首都圏の揺れ…2022年に巨大地震の危ない場所はどこか? 専門家が見解

    年末に相次いだ首都圏の揺れ…2022年に巨大地震の危ない場所はどこか? 専門家が見解

  4. 9
    安倍元首相が露骨な反撃!岸田首相の目玉政策に文句ブーブー「理解してる人はほとんどいないでしょ」

    安倍元首相が露骨な反撃!岸田首相の目玉政策に文句ブーブー「理解してる人はほとんどいないでしょ」

  5. 10
    庶民の味方「立ち食いそば」安くてウマいはもう望めない? 原材料高で値上げラッシュ

    庶民の味方「立ち食いそば」安くてウマいはもう望めない? 原材料高で値上げラッシュ

人気キーワード