金井真紀
著者のコラム一覧
金井真紀文筆家・イラストレーター

テレビ番組の構成作家、酒場のママ見習いなどを経て2015年から文筆家・イラストレーター。著書に「世界はフムフムで満ちている」「パリのすてきなおじさん」「日本に住んでる世界のひと」など。

「母、アンナ」ヴェーラ・ポリトコフスカヤ、サーラ・ジュディチェ著、関口英子、森敦子訳

公開日: 更新日:

「母、アンナ」ヴェーラ・ポリトコフスカヤ、サーラ・ジュディチェ著、関口英子、森敦子訳

 モスクワの街頭で、エルサレムの街頭で、反戦の声をあげる人がいる。その動画を見るたびにわたしは震え上がる。警官が容赦なく襲いかかり、根こそぎ連行していく。日本もかつて戦争加害国だった。もし自分だったら反戦の声をあげ続けることができるだろうか。がんばりたい。でも……たぶん無理……。

 本書の主人公は、チェチェン紛争を徹底的に取材しプーチンの不正を暴いたアンナ・ポリトコフスカヤ。2006年10月7日、自宅アパートのエレベーター内で銃殺された。スーパーで食材を買い込んで帰宅したところだった。現場にはパックに入った鶏むね肉が落ちていた。この本を書いたのは、その鶏肉を一緒に食べるはずだった娘のヴェーラだ。

 闘うジャーナリストだった母親の素顔が娘の視点で描かれる。家族のためにジャムやボルシチを作りながら、独裁政権の批判記事を書き続けたアンナ。それが命の危険と直結することを承知していた。見守るしかなかった家族もつらい。

 そしてこれはアンナの死から16年後、ロシアのウクライナ侵攻に遭遇したヴェーラ自身の物語でもある。中でも反戦の声をあげる市民たちのエピソードが興味深かった。ロシアでは街頭で「戦争反対」のプラカードを出すだけで逮捕される。8つの「*」を書いたカードを持った人も(ロシア語で「戦争反対」をつづると8文字になる)、白紙を掲げた人も、ついにはプラカードを持つ身ぶりをしただけの人まで逮捕されるのだ。

 わたしはビビりながら思う。せめて勇敢な人がいた/いることを忘れずにいたい。 (NHK出版 2090円)

【連載】金井真紀の本でフムフム…世界旅

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    センバツ人気低迷の真犯人!「スタンドガラガラ」なのは低反発バット導入のせいじゃない

    センバツ人気低迷の真犯人!「スタンドガラガラ」なのは低反発バット導入のせいじゃない

  2. 2
    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

  3. 3
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    夏の甲子園「朝夕2部制」導入の裏で…関係者が「京セラドーム併用」を絶対に避けたい理由

    夏の甲子園「朝夕2部制」導入の裏で…関係者が「京セラドーム併用」を絶対に避けたい理由

  1. 6
    井上真央ようやくかなった松本潤への“結婚お断り”宣言 これまで否定できなかった苦しい胸中

    井上真央ようやくかなった松本潤への“結婚お断り”宣言 これまで否定できなかった苦しい胸中

  2. 7
    マイナ保険証“洗脳計画”GWに政府ゴリ押し 厚労相「利用率にかかわらず廃止」発言は大炎上

    マイナ保険証“洗脳計画”GWに政府ゴリ押し 厚労相「利用率にかかわらず廃止」発言は大炎上

  3. 8
    「大谷は食い物にされているのでは」…水原容疑者の暴走許したバレロ代理人は批判殺到で火だるまに

    「大谷は食い物にされているのでは」…水原容疑者の暴走許したバレロ代理人は批判殺到で火だるまに

  4. 9
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  5. 10
    大谷は口座を3年放置のだらしなさ…悲劇を招いた「野球さえ上手ければ尊敬される」風潮

    大谷は口座を3年放置のだらしなさ…悲劇を招いた「野球さえ上手ければ尊敬される」風潮