「凶獣の村」櫛木理宇著

公開日: 更新日:

「凶獣の村」櫛木理宇著

 L県の胎岳村で元警官の三ツ輪の刺殺体が発見され、一緒にいた7歳の孫娘が行方不明に。県警の捜査1課の刑事・鳥越も所轄署の長下部と組んで捜査に加わる。

 胎岳村では25年前にも7歳の少女の惨殺死体が見つかるという事件が発生。当時、敏腕刑事として名をはせた三ツ輪も捜査を担当したが、その事件は未解決のままだ。当時の胎岳村は、新興宗教「十雪会」の本拠地だったが、教祖の死後に会は衰退。

 しかし、村には今も関係者が住んでおり、その一人、教祖の息子の天馬の家に犯人から三ツ輪の孫の身代金を要求する手紙が届く。鳥越らは身代金の受け渡し場所に指定された繁華街の噴水を張り込むが予定外の騒ぎが起き、犯人は現れない。

 鴉と会話ができる特殊能力を持つ刑事を主人公にしたシリーズ最新刊。 (角川春樹事務所 836円)

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差