「鵜頭川村事件」櫛木理宇著

公開日:  更新日:

 岩森明は膵臓がんで死んだ妻・節子の墓参りのために、6歳の娘・愛子を連れて妻の故郷の鵜頭川村を訪れた。村で3年ぶりに会った降谷辰樹がすさんだ目をしているのが気になった。辰樹は東京の大学に行く予定だったが、兄が事故死したため、進学を諦めて村に残ったという。そんな折、村の若者の刺殺死体が発見された。駐在を呼びに行こうとしたら、20日ちかく降り続いた雨で土砂崩れが発生して村は孤立した。電話も通じない。辰樹は村を守るため、自警団を結成するが、村内で対立する勢力とトラブルになり、やがて村は狂気に巻き込まれていく。

 閉ざされた村で起きた暴動と狂乱をめぐるサスペンス。(文藝春秋 1800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る