「三度のメシより事件が好きな元新聞記者が教える 事件報道の裏側」三枝玄太郎著

公開日: 更新日:

「三度のメシより事件が好きな元新聞記者が教える 事件報道の裏側」三枝玄太郎著

 2000年ごろまでは事件の容疑者の自宅住所の地番まで報道されたが、問題視されなかった。ところが、あそこのアパートで殺人事件があったらしいという風評が立つと周辺の賃貸物件の相場まで下がるようになり、地番を省略するようになる。

 また、風営法違反などの比較的軽い犯罪で不起訴や処分保留になりそうな場合は匿名で表記するようになった。

 11年に児童買春・児童ポルノ禁止法違反容疑で逮捕された男がグーグルで記事を検索できないよう削除を求め、4年後、さいたま地裁は「忘れられる権利」を認めたが、最高裁は「表現の自由と知る権利を侵害する」と判示した。

 元新聞記者が報道の「読み方」を教える。

(東洋経済新報社 1650円)

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変