日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「人妻マンション」河里一伸著

「ああっ、くるっ! 草太くんっ、はうっ、もうイク! ああっ、わたしっ、イキそうっ! ああっ、はあっ……!」
 ついに、梓紗が切羽詰まった声をあげた。

 膣道の蠢きも激しくなり、一物を締めつける力が先ほどまでより強まっている。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事