• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

新イベント女王に浮上した あき竹城の山形弁トーク術

 男だったら石田純一、女だったら神田うの、和田アキ子…。芸能界にはイベント専門とも言うべきタレントがワンサカだが、新たな女王の座に君臨しつつあるのが、あき竹城(66)だ。それを如実に示したのが10日に都内で行われた「Tポイント47都道府県キャンペーン記念イベント」だった。出席したのは、モデルの道端アンジェリカとあきだった。

 福井県出身の道端が故郷についてトークを展開するものの、地方出身というイメージがないせいか客席はシーン。静まり返ったステージにあきが登場すると空気は一変した。
「東京生活が長いがらなまりは取れちったんだよんね」とバリバリの山形弁で挨拶。この一言で、会場は完全にあき竹城ワールドになり、独演会のようになっていた。

 この日はバレンタインデーが近いこともあり、司会者があきにバレンタインデーの思い出について聞くと「子供の頃の話だげど、10個くらいあげだごどがあるんですよ。でも戻ってきたのは2つくらいでしたね。当だって砕けろの精神ですよ」とおどけてみせた。

 フィギュアスケートの高橋大輔にチョコレートを贈りたい願望も告白。どうやら高橋の大ファンのようで、演技が終わった瞬間の顔が大好きだという。

 あきのイベント出演率が上がるのは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  3. 3

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  7. 7

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

もっと見る