新イベント女王に浮上した あき竹城の山形弁トーク術

公開日:  更新日:

 男だったら石田純一、女だったら神田うの、和田アキ子…。芸能界にはイベント専門とも言うべきタレントがワンサカだが、新たな女王の座に君臨しつつあるのが、あき竹城(66)だ。それを如実に示したのが10日に都内で行われた「Tポイント47都道府県キャンペーン記念イベント」だった。出席したのは、モデルの道端アンジェリカとあきだった。

 福井県出身の道端が故郷についてトークを展開するものの、地方出身というイメージがないせいか客席はシーン。静まり返ったステージにあきが登場すると空気は一変した。
「東京生活が長いがらなまりは取れちったんだよんね」とバリバリの山形弁で挨拶。この一言で、会場は完全にあき竹城ワールドになり、独演会のようになっていた。

 この日はバレンタインデーが近いこともあり、司会者があきにバレンタインデーの思い出について聞くと「子供の頃の話だげど、10個くらいあげだごどがあるんですよ。でも戻ってきたのは2つくらいでしたね。当だって砕けろの精神ですよ」とおどけてみせた。

 フィギュアスケートの高橋大輔にチョコレートを贈りたい願望も告白。どうやら高橋の大ファンのようで、演技が終わった瞬間の顔が大好きだという。

 あきのイベント出演率が上がるのは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る