新イベント女王に浮上した あき竹城の山形弁トーク術

公開日: 更新日:

 男だったら石田純一、女だったら神田うの、和田アキ子…。芸能界にはイベント専門とも言うべきタレントがワンサカだが、新たな女王の座に君臨しつつあるのが、あき竹城(66)だ。それを如実に示したのが10日に都内で行われた「Tポイント47都道府県キャンペーン記念イベント」だった。出席したのは、モデルの道端アンジェリカとあきだった。

 福井県出身の道端が故郷についてトークを展開するものの、地方出身というイメージがないせいか客席はシーン。静まり返ったステージにあきが登場すると空気は一変した。
「東京生活が長いがらなまりは取れちったんだよんね」とバリバリの山形弁で挨拶。この一言で、会場は完全にあき竹城ワールドになり、独演会のようになっていた。

 この日はバレンタインデーが近いこともあり、司会者があきにバレンタインデーの思い出について聞くと「子供の頃の話だげど、10個くらいあげだごどがあるんですよ。でも戻ってきたのは2つくらいでしたね。当だって砕けろの精神ですよ」とおどけてみせた。

 フィギュアスケートの高橋大輔にチョコレートを贈りたい願望も告白。どうやら高橋の大ファンのようで、演技が終わった瞬間の顔が大好きだという。

 あきのイベント出演率が上がるのは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  7. 7

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  8. 8

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

  9. 9

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  10. 10

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

もっと見る