「48グループ」リーダー有力 松井珠理奈に備わる“エースの資質”

公開日:  更新日:

 AKB、SKE、NMB、HKT……。ファンでなければもうついていけないかもしれないが、ファンの間で「48グループ」全体のエースとして、近いうちに活躍するとみられているのが松井珠理奈だ。

 08年10月にSKE48のメンバーとしてデビューをしたのが11歳、小学6年生(!)。しかも、劇場デビュー直後に発売されたAKB48の10枚目のシングル「大声ダイヤモンド」で、当時のエースだった前田敦子とダブルセンターとして、AKBの選抜メンバーに抜擢された。

 なんと、当時からダンスレベルはトップクラスで、レッスンなどでも率先して、小学生ながら、すでにSKE48全体を引っ張る存在だったという。

 素顔はダジャレ好き。人が集まるとダジャレで、みんなを和ませているという。こうしたところもエースの資格十分だ。

 総選挙の結果でも19位・10位・14位・9位・6位と着実に人気も上がっている。昨年の「選抜じゃんけん」では、優勝して見事にセンターの座を射止めている。「将来のエース」には運も味方についているということだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る