個性派・佐藤二朗のブレークは堤幸彦監督の演出感覚のおかげ

公開日:  更新日:

 初めてのテレビドラマ出演で役名もない端役だった佐藤二朗さん(44)がいきなりアップで映し出された。「池袋ウエストゲートパーク」「TRICK」「20世紀少年」で知られる堤幸彦監督(58)の演出が、個性派俳優を世に知らしめる起爆剤になった。

 堤さんからすると僕が堤さんのおかげなんて言うのが不思議みたいでした。

 大学を卒業して、芝居の養成所に2カ所入学したものの、劇団員になれず…鳴かず飛ばず。26歳でサラリーマンになり、自ら劇団を立ち上げ、日曜大工ならぬ日曜俳優になりました。

 ところが旗揚げ公演で観客は14人。一応有名どころの研究生をしていれば、それなりに満席の中で舞台に立てるのが普通でしたから、あれは驚愕でした。

 こりゃ「まずい」と思って、新人発掘型の「ラフカット」という公演のオーディションを受けました。今も続く、純粋にオーディションだけで役者を選ぶ企画で、僕の出演した頃は松尾スズキさんなど人気の作家が脚本を提供していました。なんとか合格した僕は、飯島早苗さん脚本、鈴木裕美さん演出コンビの作品で舞台に立てました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る