ASKAで話題の“接待パーティー” 高級官僚も常連だった

公開日: 更新日:

 霞が関で突然の大臣官房付の異動はスキャンダル絡みが多い。南部代表はセクハラなどでミソを付けた有能な人材を利用するのがうまい。ま、いろいろとあったのだろうが、上斗米氏が霞が関とのパイプになったのは間違いない。

「パソナの官僚接待はすごいですよ。局長以上の幹部の多くは、“仁風林パーティー”を知っているはずです。パソナを含む派遣業界は90年代、業界全体で数十億~数百億円規模といわれた派遣社員の社会保険料の未納の扱いについて頭を痛めていました。98年には会計検査院が全国の派遣会社の約400の事業所で、約35億円の社会保険料の徴収漏れがあったことを指摘しています。保険料徴収が厳格化されれば、業界はたちまち火の車。そこで保険料の支払いを緩くするための日雇いや請負といった規制緩和に政界工作を仕掛けた。課長クラスもパーティーに来ていて、南部代表の腰巾着といわれているエリート官僚は大勢います」(元人材派遣会社幹部)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    古谷経衡さんが憂う有権者の劣化 日本の知性の底が抜けた

  2. 2

    故・田宮二郎氏長男 柴田光太郎さん「心臓手術で命を…」

  3. 3

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  4. 4

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  5. 5

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  6. 6

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  7. 7

    「カジノではなくF1とディズニーを」“ハマのドン”が激怒

  8. 8

    「特撰すきやき重」完売 吉野家の株主還元は年8000円相当

  9. 9

    水野美紀は新悪女王「奪い愛、夏」で見せる菜々緒との違い

  10. 10

    有権者が賢くないと政治が乱れる見本

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る