日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
坂倉昇平
著者のコラム一覧
坂倉昇平

1983年、静岡県生まれ。東京都立大学人文学部卒、京都大学大学院文学研究科修士課程修了。若者の労働問題・貧困問題に取り組むNPO法人「POSSE」理事兼雑誌「POSSE」編集長。近著に「AKB48とブラック企業」(イースト新書)がある。

「総選挙」直前連載 AKB48はブラック企業なのか<3>

夢を語らせ、夢を見させながら、過酷な仕事を受け入れさせてしまう

 AKBの選抜総選挙は、テレビのニュースも毎年取り上げるお祭りとして、すっかり定着した。ただ、ブラック企業問題と比較した時、このイベントはどんな意味をもつのだろう。

 1位のセンター争いばかりが取り上げられがちな総選挙だが、注目したいのはそこまで人気が高くないメンバーたち。彼女らにとって、この総選挙で上位にランクインすることは、チャンスを手にする貴重な機会だ。順位次第では、地方グループ(ファンの間では「支店」と呼ばれている)のメンバーであっても、選挙直後の「AKB48」(こちらの場合は「本店」)のCDに参加することができる。ミュージックビデオやテレビの音楽番組に出演できる機会も与えられ、活躍の場が広がる。

 実際、「支店」メンバーが、一度もランクインしたことがなかったのに上位に食い込んだり、4年越しで順位を上げて「本店」のシングル曲を歌う上位16人の選抜に到達するなど、毎年数人のメンバーが印象的なドラマを生み出している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事