• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「総選挙」控えるも…お祭り気分になれないAKBのジレンマ

「ノコギリで切られた傷痕は皮膚の表面がぐちゃぐちゃになっているため、縫合が難しい。ナイフでスパッと切られた傷なら痕は残りませんが、ノコギリの傷痕は一生消えません」(医療関係者)

 25日に行われた握手会で、ノコギリを持ち込んだ暴漢に襲われたAKB48の川栄李奈(19)と入山杏奈(18)。2人は右手の指を切りつけられて骨折。入山は頭部からも大量出血する重傷を負った。翌26日には搬送先の病院を退院する姿がマスコミに公開されたが、精神的なショックが大きいため、彼女たちが表舞台に復帰するまでにはかなりの日数を要すといわれていた。

 ところが、その川栄が28日放送の「バイキング」(フジテレビ系)に電話で「こんにちはー」と明るい笑い声で生出演。現在は都内で検査入院していることを明かし、「全然、元気なんです」と語ったものだから、驚いた視聴者は多かったはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  6. 6

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  7. 7

    金正恩が愚痴ポロリ 軍部の融和路線封じで非核化も後退か

  8. 8

    2カ月雲隠れ 日大アメフト内田前監督の呆れた“銭ゲバ闘争”

  9. 9

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  10. 10

    日欧EPA署名で酪農大打撃 食卓から“国産牛乳”が消える日

もっと見る