「総選挙」控えるも…お祭り気分になれないAKBのジレンマ

公開日:  更新日:

「ノコギリで切られた傷痕は皮膚の表面がぐちゃぐちゃになっているため、縫合が難しい。ナイフでスパッと切られた傷なら痕は残りませんが、ノコギリの傷痕は一生消えません」(医療関係者)

 25日に行われた握手会で、ノコギリを持ち込んだ暴漢に襲われたAKB48の川栄李奈(19)と入山杏奈(18)。2人は右手の指を切りつけられて骨折。入山は頭部からも大量出血する重傷を負った。翌26日には搬送先の病院を退院する姿がマスコミに公開されたが、精神的なショックが大きいため、彼女たちが表舞台に復帰するまでにはかなりの日数を要すといわれていた。

 ところが、その川栄が28日放送の「バイキング」(フジテレビ系)に電話で「こんにちはー」と明るい笑い声で生出演。現在は都内で検査入院していることを明かし、「全然、元気なんです」と語ったものだから、驚いた視聴者は多かったはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る