法廷騒然 ASKA裁判の一般傍聴券は競争率126倍!

公開日:  更新日:

 競争率は実に126倍だった。ASKA被告の初公判には21枚の一般傍聴券を求めて、2646人が長蛇の列をなした。ASKA本人は報道陣の前に姿を現すことなく、密かに地裁の建物に入っていった。

 東京地裁は混乱を避けるため、当初の予定時刻を大幅に繰り上げ、裁判開始の約4時間前、午前9時半から隣接する日比谷公園でリストバンド式の整理券配布を開始。小雨が降りしきる中、早朝から報道関係者やファンらが押し寄せた。

 今回使用される地裁425号法廷は、09年10月に覚醒剤取締法違反に問われた酒井法子の初公判と同じ“舞台”。傍聴席数は42席と比較的小さな法廷で、司法記者クラブ加盟社への割り当て分を除くと、一般席は21席しか残らない。

 過去最多の傍聴希望者数は96年のオウム真理教事件の麻原彰晃の初公判で、1万2292人が約7・5キロに及ぶ列をつくった。歴代2位は酒井法子の初公判で6615人。その当せん倍率330倍は日本の刑事裁判史上最高だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  4. 4

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  7. 7

    北方領土問題には触れず 日ロ首脳会談はやはり“中身ゼロ”

  8. 8

    問題山積でも突き進む…外国人労働者受け入れに専門家警鐘

  9. 9

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  10. 10

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

もっと見る