ASKA事件「初公判」と同日…パソナ株主総会は“厳戒態勢”

公開日:  更新日:

 ASKA事件の初公判があった28日、偶然にも人材派遣大手「パソナグループ」の株主総会が開かれた。総会では、やはりパソナグループ代表の南部靖之氏と、ASKA事件との関係を疑問視する声が上がったという。

 株主も、南部代表がASKAの“タニマチ”だったことや、ASKAの愛人で一緒に逮捕された栩内香澄美被告がパソナの関連会社で働いていたことを知っていた。

 13時、会場は厳戒態勢だった。毎年株主総会は本社で行われていたが、マスコミから逃れるためか、なぜか今年は大手町のビルを借りて行われた。

 本紙カメラマンも3~4人の関係者に取り囲まれ、「撮影はご遠慮ください。一応、見せてください」とカメラのチェックを迫られた。会場では一体、どんな説明があったのか。参加した株主のひとりが言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る