ASKA事件「初公判」と同日…パソナ株主総会は“厳戒態勢”

公開日: 更新日:

 ASKA事件の初公判があった28日、偶然にも人材派遣大手「パソナグループ」の株主総会が開かれた。総会では、やはりパソナグループ代表の南部靖之氏と、ASKA事件との関係を疑問視する声が上がったという。

 株主も、南部代表がASKAの“タニマチ”だったことや、ASKAの愛人で一緒に逮捕された栩内香澄美被告がパソナの関連会社で働いていたことを知っていた。

 13時、会場は厳戒態勢だった。毎年株主総会は本社で行われていたが、マスコミから逃れるためか、なぜか今年は大手町のビルを借りて行われた。

 本紙カメラマンも3~4人の関係者に取り囲まれ、「撮影はご遠慮ください。一応、見せてください」とカメラのチェックを迫られた。会場では一体、どんな説明があったのか。参加した株主のひとりが言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  2. 2

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    沖縄基地で集団感染 米国コロナ蔓延危機も安倍政権は傍観

  5. 5

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  6. 6

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  7. 7

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  8. 8

    最下位低迷で待ったなし 虎が今オフ粛清するベテラン選手

  9. 9

    手越祐也の活躍にジャニーズ歯噛み?「嵐超え」も射程圏内

  10. 10

    水害に遭ったら…片付けと清掃作業の手順に「6つの要点」

もっと見る