ASKA事件「初公判」と同日…パソナ株主総会は“厳戒態勢”

公開日:  更新日:

 ASKA事件の初公判があった28日、偶然にも人材派遣大手「パソナグループ」の株主総会が開かれた。総会では、やはりパソナグループ代表の南部靖之氏と、ASKA事件との関係を疑問視する声が上がったという。

 株主も、南部代表がASKAの“タニマチ”だったことや、ASKAの愛人で一緒に逮捕された栩内香澄美被告がパソナの関連会社で働いていたことを知っていた。

 13時、会場は厳戒態勢だった。毎年株主総会は本社で行われていたが、マスコミから逃れるためか、なぜか今年は大手町のビルを借りて行われた。

 本紙カメラマンも3~4人の関係者に取り囲まれ、「撮影はご遠慮ください。一応、見せてください」とカメラのチェックを迫られた。会場では一体、どんな説明があったのか。参加した株主のひとりが言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  8. 8

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

もっと見る