「23」に後任浮上…膳場貴子アナは選挙特番が引退の花道!?

公開日: 更新日:

 筑紫哲也の威光も失せ、視聴率の低空飛行が続くTBSの看板報道番組「NEWS23」。当然ながら、キャスターを務める膳場貴子(39)の立場も危うくなっている。

 テコ入れ策として昨年4月からはアンカーマンにTBS報道の大御所・岸井成格氏を起用してリニューアルを図ったが目立った成果は表れなかった。そうなると、番組の顔を務め、高額ギャラの膳場が批判の対象になるのは業界の常だ。

「岸井さんの起用でも視聴率回復ができなかったことから、局内では“もう『23』はブランド力がない”というのがもっぱらの声です。それはつまり、筑紫さん療養中から番組の顔を務めてきた膳場さんの否定でもある。事実、この夏には報道畑の岡村仁美アナを後任に据えたらどうかという具体的な話もあった」(TBS関係者)

 膳場更迭説を後押ししているのが、膳場の知名度の低さ。東大卒、NHK出身という“看板”は超一流。そのうえ美脚の誉れ高く、声に安定感があると評価は高いのだが、「華がない」(テレビ関係者)というのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  2. 2

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  3. 3

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  4. 4

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  5. 5

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  6. 6

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  7. 7

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  8. 8

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  9. 9

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  10. 10

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

もっと見る