「四季の歌」作詞の荒木とよひささんが語る“酒と音楽の日々”

公開日: 更新日:

 芹洋子の「四季の歌」、森昌子の「哀しみ本線日本海」、テレサ・テンの「時の流れに身をまかせ」など数々の大ヒット曲を生み出し、つづった詞は3000曲を超える歌謡界の大御所荒木とよひささん(71)。20代から酒豪で鳴らし、今も酒をたしなまない日はない。

 酒とのつきあいって長いよ。離婚後に熊本から上京した母は、ボクが小さい頃から銀座7丁目の「アマドミオ」ってクラブをはじめ、全部で4軒ほどクラブやバーを経営していた。だから、酒はずっと身近な存在。

 時代も大人も酒には鷹揚だったこともあって、飲酒は高校生になると半ば黙認。小遣いを握りしめて、渋谷辺りのトリスバーやニッカバーに飲みに行ってたね。

 受験シーズンになると思い出すのが、高校のスキー部の合宿。新潟の妙高高原・関温泉スキー場の旅館での打ち上げの時に、仲間5人とどれだけ一合徳利を並べられるか……って、飲み干した徳利を並べながら一晩中飲んだんだ。最後は飲み潰れて記憶が定かじゃないんだけど、50本以上並んだと思う。なんせ、徳利が旅館の在庫じゃ足りなくて、よその食堂から持ってきたぐらいだったから、かなりの量。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  2. 2

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  3. 3

    コロナ“現地対策本部長”橋本議員 写真削除で露呈した無能

  4. 4

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  7. 7

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  8. 8

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  9. 9

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る