全方位型CM女優の篠原涼子 なぜ“高値安定”で支持続く?

公開日: 更新日:

 篠原涼子(41)が強い。CMの話。栄枯盛衰の激しい芸能界でクライアント企業の心をしっかりとつかみ、「好感度や人気度はここ数年、変わらずに“高値安定”」(広告代理店関係者)だという。一昨年春の主演ドラマ「ラストシンデレラ」以降、仕事をセーブし、プライベートを優先している。にもかかわらず、映画やドラマに出ずっぱりの旬の女優らと肩を並べ、「CM1本あたり3000万円以上」(前出の広告代理店関係者)を稼ぐというから大したもんである。

 25日はエナジードリンク「キレートレモンエナジエ」の新CM発表会に登場。女性向けの商品にちなみ、理想の女性像を聞かれると「強くてしなやか。それでいて、きめ細やかな気配りのできる人。私もそうありたい」とほほ笑んでいた。

 長男(6)の小学校受験に母として奮起し、胃がん手術を受けた夫・市村正親(66)を献身的に支えた妻でもある。ミニスカのアイドル出身ながら、いまではすっかり、良妻賢母のイメージ。しかもこうして働く女性向け商品にも起用される。いわば、全方位型のCM女優。支持される理由は一体、何か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  3. 3

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  4. 4

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  5. 5

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  6. 6

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  7. 7

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  8. 8

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  9. 9

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  10. 10

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

もっと見る