全方位型CM女優の篠原涼子 なぜ“高値安定”で支持続く?

公開日:  更新日:

 篠原涼子(41)が強い。CMの話。栄枯盛衰の激しい芸能界でクライアント企業の心をしっかりとつかみ、「好感度や人気度はここ数年、変わらずに“高値安定”」(広告代理店関係者)だという。一昨年春の主演ドラマ「ラストシンデレラ」以降、仕事をセーブし、プライベートを優先している。にもかかわらず、映画やドラマに出ずっぱりの旬の女優らと肩を並べ、「CM1本あたり3000万円以上」(前出の広告代理店関係者)を稼ぐというから大したもんである。

 25日はエナジードリンク「キレートレモンエナジエ」の新CM発表会に登場。女性向けの商品にちなみ、理想の女性像を聞かれると「強くてしなやか。それでいて、きめ細やかな気配りのできる人。私もそうありたい」とほほ笑んでいた。

 長男(6)の小学校受験に母として奮起し、胃がん手術を受けた夫・市村正親(66)を献身的に支えた妻でもある。ミニスカのアイドル出身ながら、いまではすっかり、良妻賢母のイメージ。しかもこうして働く女性向け商品にも起用される。いわば、全方位型のCM女優。支持される理由は一体、何か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る