全方位型CM女優の篠原涼子 なぜ“高値安定”で支持続く?

公開日:  更新日:

 篠原涼子(41)が強い。CMの話。栄枯盛衰の激しい芸能界でクライアント企業の心をしっかりとつかみ、「好感度や人気度はここ数年、変わらずに“高値安定”」(広告代理店関係者)だという。一昨年春の主演ドラマ「ラストシンデレラ」以降、仕事をセーブし、プライベートを優先している。にもかかわらず、映画やドラマに出ずっぱりの旬の女優らと肩を並べ、「CM1本あたり3000万円以上」(前出の広告代理店関係者)を稼ぐというから大したもんである。

 25日はエナジードリンク「キレートレモンエナジエ」の新CM発表会に登場。女性向けの商品にちなみ、理想の女性像を聞かれると「強くてしなやか。それでいて、きめ細やかな気配りのできる人。私もそうありたい」とほほ笑んでいた。

 長男(6)の小学校受験に母として奮起し、胃がん手術を受けた夫・市村正親(66)を献身的に支えた妻でもある。ミニスカのアイドル出身ながら、いまではすっかり、良妻賢母のイメージ。しかもこうして働く女性向け商品にも起用される。いわば、全方位型のCM女優。支持される理由は一体、何か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

もっと見る