4度目移籍の熊切あさ美…果てなく遠い愛之助との“終着駅”

公開日:  更新日:

「ちょっとずつ、自分のペースで頑張るんでこれからもよろしくお願いします☆」

 9日付のオフィシャルブログで所属事務所を移籍したことを報告したのは熊切あさ美(34)。新しい事務所は「ハーデスエンタテインメント(HADES)」。フリーキャスターの内田恭子(38)や元「あやまんJAPAN」のファンタジスタさくらだ(29)らが所属している。

 熊切といえば、いくつものプロダクションを転々としてきた“渡り鳥”。アイドルグループ「チェキッ娘」の初代メンバーとしてデビューし、「ホリプロ」に所属するも翌年に解散。その後、バラエティー番組に呼ばれたときの話術を鍛えるために仙台のキャバクラで働き始め、ナンバーワンになるも1カ月で事務所にバレて強制送還されたトホホな過去も。

 直後に「崖っぷちアイドル」としてブレークするも08年には「ホリプロ」を退社し、「アービング」に移籍。その後も09年に「フロム・ファースト」、12年に「ディグ・エスト」と渡り歩き、今回が4度目の移籍となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る