• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「付き人のようにそばに」 秋野太作が語る故・渥美清との17年

 1966年に二枚目俳優として俳優座でデビューした秋野太作さん(72)。舞台やテレビ、映画、CMと幅広く活躍し、シリアスな演技からコメディーまでこなす実力派だ。尊敬してやまないのが故・渥美清だ。初共演からの17年を振り返ってくれた。

 渥美さんがお亡くなりになられたのが1996年の8月4日。早いもので、もう19年になるんですね。

 初めて一緒にお仕事したのは私が俳優座に所属して間もない67年のことです。TBSの一話完結ドラマシリーズ「泣いてたまるか」の中の一話で、渥美さんが高校教師、私は詰め襟姿の学生役でした。

 あの時はうれしかったですねえ。以前から渥美さんの大ファンで、当時、国産小型自動車が買えるほど高価だった録画ビデオデッキを節約に節約を重ねて購入して「泣いてたまるか」を見ていたくらいでしたから。そのドラマに出演できる、渥美さんと共演できると思うと、まさに夢心地でした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  2. 2

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  3. 3

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  4. 4

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  5. 5

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  6. 6

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  7. 7

    辞めたジャニーズの末路は…山口達也を待ち受ける“地獄道”

  8. 8

    なぜ打ち切った? “上から目線”の日大広報・米倉氏を直撃

  9. 9

    TVから消え10年超…小橋賢児さんイベント仕掛人になるまで

  10. 10

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

もっと見る