• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「付き人のようにそばに」 秋野太作が語る故・渥美清との17年

 1966年に二枚目俳優として俳優座でデビューした秋野太作さん(72)。舞台やテレビ、映画、CMと幅広く活躍し、シリアスな演技からコメディーまでこなす実力派だ。尊敬してやまないのが故・渥美清だ。初共演からの17年を振り返ってくれた。

 渥美さんがお亡くなりになられたのが1996年の8月4日。早いもので、もう19年になるんですね。

 初めて一緒にお仕事したのは私が俳優座に所属して間もない67年のことです。TBSの一話完結ドラマシリーズ「泣いてたまるか」の中の一話で、渥美さんが高校教師、私は詰め襟姿の学生役でした。

 あの時はうれしかったですねえ。以前から渥美さんの大ファンで、当時、国産小型自動車が買えるほど高価だった録画ビデオデッキを節約に節約を重ねて購入して「泣いてたまるか」を見ていたくらいでしたから。そのドラマに出演できる、渥美さんと共演できると思うと、まさに夢心地でした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  8. 8

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

もっと見る