美女ランナー前田彩里 世界陸上“タナボタ表彰台”の可能性

公開日:  更新日:

 30日号砲の世界陸上女子マラソン。日本の男子は惨敗に終わったが、前田彩里(23)、伊藤舞(31)、重友梨佐(27)の3人が出場する女子は多少の期待が持てそうだ。今大会は世界の強豪が軒並み出場を見送ったからだ。

 実は多くの海外選手、特にアフリカ勢は世界選手権よりも、世界各国で行われる主要レースを重視している。世界選手権の優勝賞金は6万ドル(約744万円)と安いため、より高額な賞金、ボーナスを求めて「ワールドマラソンメジャーズ(WMM)」(東京やボストンなど6大会)に出場するためだ。

 WMM各大会の賞金は、例えば東京は1位800万円、2位400万円、3位200万円。賞金の額は世界選手権と大差ないものの、ほかに世界記録更新で3000万円、日本記録更新で500万円、大会記録更新で300万円のボーナスが用意されている。それに加えてWMMは、2年間の6レースでの結果をポイント化し、優勝者には賞金約4000万円が贈られる。各大会の賞金、ボーナスなど合わせれば1億円近くを手にできる可能性があるだけに、世界選手権など見向きもしないのは当然だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  10. 10

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

もっと見る