美女ランナー前田彩里 世界陸上“タナボタ表彰台”の可能性

公開日: 更新日:

 30日号砲の世界陸上女子マラソン。日本の男子は惨敗に終わったが、前田彩里(23)、伊藤舞(31)、重友梨佐(27)の3人が出場する女子は多少の期待が持てそうだ。今大会は世界の強豪が軒並み出場を見送ったからだ。

 実は多くの海外選手、特にアフリカ勢は世界選手権よりも、世界各国で行われる主要レースを重視している。世界選手権の優勝賞金は6万ドル(約744万円)と安いため、より高額な賞金、ボーナスを求めて「ワールドマラソンメジャーズ(WMM)」(東京やボストンなど6大会)に出場するためだ。

 WMM各大会の賞金は、例えば東京は1位800万円、2位400万円、3位200万円。賞金の額は世界選手権と大差ないものの、ほかに世界記録更新で3000万円、日本記録更新で500万円、大会記録更新で300万円のボーナスが用意されている。それに加えてWMMは、2年間の6レースでの結果をポイント化し、優勝者には賞金約4000万円が贈られる。各大会の賞金、ボーナスなど合わせれば1億円近くを手にできる可能性があるだけに、世界選手権など見向きもしないのは当然だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  3. 3

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  4. 4

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  7. 7

    G岡本とカープ誠也…悩める4番が球宴で交わした会話の中身

  8. 8

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  9. 9

    フレッシュ球宴“高卒BIG4”再会で根尾が感じた「プロの壁」

  10. 10

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る