• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

タクシー代を「金メダル」で払った世界陸上ハンマー投げ選手

 世界陸上(北京)で中国の新華社が、ある選手の赤っ恥を報じた。23日の男子ハンマー投げで金メダルを獲得し、13年モスクワに続いて大会2連覇を果たしたパベウ・ファイデク(26・ポーランド)だ。

 その日の夜はメダルをぶら下げながら、祝勝会で飲めや歌えやの大ハシャギ。良い気分でタクシーに乗ってホテルに戻ると、酔ったファイデク、なんと「カネはこれで払うぜ!」と運転手に金メダルを押し付けて降りてしまったのだ。

 その時の記憶が抜け落ちていたのか、しばし後に「オレのメダルがない!」と大騒ぎ。186センチ、128キロの巨体を右往左往させ、警察に紛失届を出していた。

 幸いにもメダルは運転手の手元にあり、無事に返還。とはいえ、ファイデクは国から大目玉を食うだろうし、今後も「タクシー代を金メダルで払った男」として名が残るに違いない。

 それにしても驚くべきは、治安の悪い中国で紛失した金メダルが出てきたこと。「その金メダル、歯形があるんじゃないの? かじってみてメッキだと気付いたから返したんじゃないの」とは現地の声だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  6. 6

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  7. 7

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

  8. 8

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  9. 9

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  10. 10

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

もっと見る