タクシー代を「金メダル」で払った世界陸上ハンマー投げ選手

公開日:  更新日:

 世界陸上(北京)で中国の新華社が、ある選手の赤っ恥を報じた。23日の男子ハンマー投げで金メダルを獲得し、13年モスクワに続いて大会2連覇を果たしたパベウ・ファイデク(26・ポーランド)だ。

 その日の夜はメダルをぶら下げながら、祝勝会で飲めや歌えやの大ハシャギ。良い気分でタクシーに乗ってホテルに戻ると、酔ったファイデク、なんと「カネはこれで払うぜ!」と運転手に金メダルを押し付けて降りてしまったのだ。

 その時の記憶が抜け落ちていたのか、しばし後に「オレのメダルがない!」と大騒ぎ。186センチ、128キロの巨体を右往左往させ、警察に紛失届を出していた。

 幸いにもメダルは運転手の手元にあり、無事に返還。とはいえ、ファイデクは国から大目玉を食うだろうし、今後も「タクシー代を金メダルで払った男」として名が残るに違いない。

 それにしても驚くべきは、治安の悪い中国で紛失した金メダルが出てきたこと。「その金メダル、歯形があるんじゃないの? かじってみてメッキだと気付いたから返したんじゃないの」とは現地の声だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  6. 6

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  7. 7

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  8. 8

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  9. 9

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る