世界陸上9位新井も経験 野球選手は「やり投げ」で五輪目指せ

公開日:  更新日:

 男子やり投げ決勝に臨んだ新井涼平(24)は、83メートル07で9位に終わった。優勝はJ・イエゴ(ケニア)の92メートル72だった。

 中学の時は野球の外野手だった新井がやり投げを始めたのは高1の夏。3年でインターハイ4位、日本ジュニア選手権5位になると、国士舘大3年時には日本インカレ優勝。4年にはユニバーシアード8位入賞。競技開始から6年で国際大会で十指に入った。

 11年まで日本選手権を12連覇し、09年世界陸上銅の村上幸史(35)も、やり投げのスタートは高1。新井と同じく中学時代は野球(投手)に打ち込んだ。1年後にはインターハイ優勝(65メートル80)。3年で76メートル54のジュニア日本記録を樹立。日大1年で世界ジュニア銅。こちらも競技開始から4年で国際大会で3位に入った。

 やり投げの日本記録(87メートル60)を持つ溝口和洋(53)も高校からやりを持ち、大学4年でロス五輪代表になった。

 やり投げは国内の競技人口が1万人にも満たないといわれている。よき指導者のもとで練習すれば記録はグングン伸びて国内で上位争いができる。日頃からウエートで上半身を鍛えているプロ野球選手なら、5年後の東京五輪代表も夢ではない。二軍でくすぶっているなら、やり投げで五輪を目指したらどうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る