元「欽ちゃんバンド」清水善三さんは愛媛県でテニスコーチに

公開日:  更新日:

「高校時代、日本庭球協会の英才教育組織、ジュニアテニスアカデミーの1期生としてビシビシ鍛えられたのが、まさか今になって役に立つとは思ってもいませんでした、ハハハ」

 ところで「シミズゼンゾウ」と聞いて、オヤッと思う読者は多いだろう。1920年のウィンブルドンでチャレンジ・ラウンドの決勝に進出した清水善造と読みは同じだ。

「実はボクの父方のおじいちゃんなんです。錦織圭クンの大活躍で善造選手も日本テニス界のパイオニアとして注目され、取材を受ける機会が増えました」「善三」は「善造」さんと母方の祖父、「良三」さん(元海軍中将)から1文字ずつもらったそうだ。

「錦織クンの活躍でテニス界は盛り上がってます。ウチのスクールも目に見えて会員が増えてる。きょうから始まる全米オープンでもぜひ好成績を収め、ウチも申込者が増えて困る、って調子になって欲しいですね、ハハハ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る