愛菜&福から住田萌乃&寺田心へ 子役2トップ完全世代交代

公開日: 更新日:

■新1年生がターニングポイント

 CMはオーディション選考ではなく、起用のきっかけは「萌乃さんは『マッサン』、心くんは『明日、ママがいない』での存在感。当社の顧客はファミリー層が多く、ランドセルの販売促進には力を入れています。小学校への入学を目前に控えた愛菜さんと福くんを起用したのが5年前。成長した2人に代わり、新1年生ぐらいの年齢の子役を探していました」(同社担当者)。

 CMキャラクターになれば、さらに顔が売れ、芸能活動に新たな展開も期待できる。並み居るライバルの中から勝ち抜き、スター子役になれるか。それは新1年生(6~7歳)がひとつのターニングポイントといえそうだ。

 イベントではケーキのデコレーションにも挑戦した2人。一緒に食べたい人を聞かれた萌乃チャンが答えたのは、両親でもボーイフレンドでもなく、「女優として憧れの大好きな芦田愛菜チャンに食べてもらいたいです!」。

 この年でもう事務所の先輩を気遣うとは末恐ろしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  8. 8

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

もっと見る