日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

愛菜&福から住田萌乃&寺田心へ 子役2トップ完全世代交代

■新1年生がターニングポイント

 CMはオーディション選考ではなく、起用のきっかけは「萌乃さんは『マッサン』、心くんは『明日、ママがいない』での存在感。当社の顧客はファミリー層が多く、ランドセルの販売促進には力を入れています。小学校への入学を目前に控えた愛菜さんと福くんを起用したのが5年前。成長した2人に代わり、新1年生ぐらいの年齢の子役を探していました」(同社担当者)。

 CMキャラクターになれば、さらに顔が売れ、芸能活動に新たな展開も期待できる。並み居るライバルの中から勝ち抜き、スター子役になれるか。それは新1年生(6~7歳)がひとつのターニングポイントといえそうだ。

 イベントではケーキのデコレーションにも挑戦した2人。一緒に食べたい人を聞かれた萌乃チャンが答えたのは、両親でもボーイフレンドでもなく、「女優として憧れの大好きな芦田愛菜チャンに食べてもらいたいです!」。

 この年でもう事務所の先輩を気遣うとは末恐ろしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事