日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

子役界トップへ 寺田心クンの“大人をメロメロ”にする話術

 夏休みといえば子役タレントの書き入れ時。誰もが明日の芦田愛菜ちゃん(11)や鈴木福クン(11)を夢見てレッスンにオーディション、CMや映画の撮影と忙しい日々を過ごしている。

「母親と一緒に地方から上京して夏休み中はホテル暮らしという親子も珍しくない。とくに普段は学校があるので時間に制約のあるドラマや映画の撮影は夏休みが勝負。スタジオや撮影所は子供と付き添いの親であふれかえっています」(芸能プロ関係者)

 そんな子役界のトップタレントといえば、前記の芦田&福コンビや加藤清史郎クン(13)だったが最近、“マウンティング”に異変が起きているという。トップ3がここにきて順位を大きく下げているのだ。

「明らかに出演本数が減っています。基本、声変わりをしたら子役はワンステージ終了というのが業界の見方。また、露出過多でも新鮮味がなくなってしまうのです。大体、小学6年生から中学1年がピークですね」(制作プロデューサー)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事