寿司職人炎上騒動に再言及も…ホリエモン「新恋人」は語らず

公開日:  更新日:

 わざわざ「またバズっちゃって。結構、頭にきてますよ」と切り出すぐらいどうにも腹の虫が治まらないようで……。ホリエモンこと堀江貴文氏(43)である。

 10日に行われた料理研究家の園山真希絵女史(37)との対談で、先日ツイッター炎上騒動に発展した“寿司職人の修行不要論”について改めて言及した。

 コトの発端は先月26日、飲食関連のサイトにアップされた「今時、イケてる寿司屋はそんな悠長な修行しねーよ。センスの方が大事」という発言。いつもの調子で一人前になるには〈飯炊き3年、握り8年〉の修行が必要だといわれる寿司職人のセオリーをブッタ斬ったわけだが、この日も臆することなく「修行先の流儀にならい、世の中の流れについていけてない店があったりする。そして中途半端に修行して店を出している人の方がつまらない寿司を出したりする。なぜ味の進化についていけないんですかね? 勉強する気がないのか」などと持論を展開したのだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る