レオ様に抱擁…ケイト・ウィンスレットが歓喜の理由は?

公開日: 更新日:

 レオナルド・ディカプリオ(41)に抱きついているのは、映画「タイタニック」「レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで」でレオと共演したケイト・ウィンスレット(40)だ。30日夜、ロサンゼルスで行われたSAG(全米映画俳優組合)賞で、映画「レヴェナント 蘇えりし者」に主演したレオが最優秀主演男優賞に選ばれた瞬間。

 ところで、ケイトは「レヴェナント」とは無関係だ。ライバル作の「スティーブ・ジョブズ」に出演している。しかしこの日は、2つの作品のキャスト・スタッフが隣り合わせになり、レオはケイトの隣に座っていたのだ。

 ケイトはレオがこれまで4回もアカデミー賞にノミネートされながら、ことごとく落選していることにいたく同情していて、「今回こそレオにオスカーを取ってほしい」と明言、猛烈にサポートしてきた。共演のマイケル・ファスベンダー(38)もSAGやアカデミー賞にノミネートされているにもかかわらずだ。

 SAGで席が隣り合わせになったのは、そのあたりを十分わかっている主催者側の「粋な計らい」かも。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  9. 9

    朝ドラで存在感 元乃木坂46深川麻衣は女優で大成できるか

  10. 10

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

もっと見る