• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ドラマ評価も上昇 TOKIO長瀬智也は男女にモテる“人たらし”

 視聴率対決では堀北真希主演の「ヒガンバナ」に5連敗中なのは、TOKIOの長瀬智也(37)主演の「フラジャイル」。しかし、初回視聴率で最大の1.6%だった差が、最新の第5話ではわずか0.5%にまで詰め寄ってきた。

 堀北と共演のDAIGOの新婚効果が薄れてきたことも一因だろうが、長瀬への評価が少しずつ高まっていることを視聴率急追の理由に挙げる視聴者が多い。

「当初は偏屈で高慢でアウトロー的な役柄のイメージでの番宣だったが、長瀬が演じているのはもっとヒューマンで内面は熱いけどクールな病理医だということが視聴者に伝わってきた。つまり、想定より奥が深い人物像を長瀬が演じているということ。しかも、長瀬が抑えめに演じていることで、主人公の個性で押すドラマというより、武井咲ら若手医師の成長物語としての面白みが加わった。批評家の中には長瀬を、せりふが少なくとも画面で存在感を残す“画が持つ役者”に成長したとまで言う人が出てきた」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  3. 3

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  9. 9

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  10. 10

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

もっと見る