大食いアイドル三宅智子さん 銀座で飲食店経営も10キロ増加

公開日: 更新日:

 オープンに当たり、保証金や改装などで800万円かかったこの店には、愛着が強いようだ。15坪、全24席で、シェフ1人、アルバイト1人を雇う。オススメは「たまの温玉めし(アナゴの焼き飯)」(950円)、4人前の「備前豚のわらじハンバーグ」(2600円)など。大食いにも喜ばれるボリューム&値段だ。

 ところで、結婚は?

「いい人がいたら、という感じですね。平日は夜11時にお店終わって、12時にお店出て、終電で帰る生活。日曜はイベントに呼ばれる機会が多く、結局、プライベートの時間がほとんどない。ホント、仕事がすごい好きなんですよ。上京してからずっと仕事ばかりしてきたから、お店を始める時も貯蓄だけで賄い、一銭も借りませんでした」

■食べ放題のお店で初めて知った満腹感


 さて、三宅さんは中学卒業後、16歳で上京。コンビニやスーパーでアルバイトをしながら、通信制の八洲学園高校や美容専門学校に通い、エステティシャンに。05年秋、「元祖!大食い王決定戦」に出場し、06年春の大会で4位になり、“エステ三宅”などと呼ばれながら、その後、準優勝を2回飾り、また、大食いらしからぬ152センチの小さな体とキュートなルックスで人気を得た。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  8. 8

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    客寄せからガス抜きに出世 “ウォシュレット小泉”はどう?

もっと見る