日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

賞金5万円でも…舟木一夫「あらえびす文化賞」の格別感

 賞金はわずか5万円だったとか。受賞のコメントでは「パチンコの資金にして3倍にするよう頑張りたい」とやって会場の笑いを誘った。24日、「あらえびす文化賞」の特別賞を受賞した舟木一夫(71)のことである。

 舟木といえば、昭和38年に「高校三年生」でレコード大賞最優秀新人賞を受賞するなど、これまでもカクカクたる賞を受けているが、ひょっとしたら、今回の賞が一番うれしかったのではないか。

「それを理解するためには、まず『あらえびす文化賞』を説明しなければなりません。日本作家クラブが新たに設定した賞で、『あらえびす』とは娯楽時代小説『銭形平次』の作者・野村胡堂のもうひとつのペンネーム。作家クラブには以前から『野村胡堂賞』がありましたが、主に文芸・文学を表彰するもの。しかし、それだけでは野村の多岐にわたる活躍がカバーしきれないとして、このほど『あらえびす文化賞』を設けたのです」(出版関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事