英EU離脱で日本帰国も? 宇多田ヒカルに“難民危機”報道

公開日: 更新日:

 発売中の「女性自身」が宇多田ヒカル(33)の“難民危機”を伝えている。きっかけになっているのは、なんとイギリスの「EU離脱」。

 現在、宇多田は8歳年下のイタリア人男性、それに間もなく1歳になる長男と3人でロンドンで暮らしている。配偶者が「EU加盟国」出身者のため、「域内移動」は自由だったからだ。しかし、イギリスがEUから離脱するとなると、今後は永住権を取得する必要があるのだとか。

 その永住権がやっかいで、宇多田の場合①就労ビザを持ち、5年以上イギリスに滞在し、かつ②結婚ビザを持ち、結婚生活が5年以上継続した場合に限られるという。ところが、滞在期間はまだ5年未満だし、結婚したのも2年前のため、どちらにも該当しないのだという。

 イギリスとEUとの話し合いはこれからが本番で、まだ不確定要素が多いが、いずれにしろ、「EU離脱後」のイギリスがこれまで通り、宇多田にとって「住みやすい国」でなくなることだけは確実だ。

 もっとも、これを機会に日本に戻ってくるなんてことになれば、ファンは歓喜で迎えることだろうけれど。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  4. 4

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  5. 5

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る