英EU離脱で日本帰国も? 宇多田ヒカルに“難民危機”報道

公開日: 更新日:

 発売中の「女性自身」が宇多田ヒカル(33)の“難民危機”を伝えている。きっかけになっているのは、なんとイギリスの「EU離脱」。

 現在、宇多田は8歳年下のイタリア人男性、それに間もなく1歳になる長男と3人でロンドンで暮らしている。配偶者が「EU加盟国」出身者のため、「域内移動」は自由だったからだ。しかし、イギリスがEUから離脱するとなると、今後は永住権を取得する必要があるのだとか。

 その永住権がやっかいで、宇多田の場合①就労ビザを持ち、5年以上イギリスに滞在し、かつ②結婚ビザを持ち、結婚生活が5年以上継続した場合に限られるという。ところが、滞在期間はまだ5年未満だし、結婚したのも2年前のため、どちらにも該当しないのだという。

 イギリスとEUとの話し合いはこれからが本番で、まだ不確定要素が多いが、いずれにしろ、「EU離脱後」のイギリスがこれまで通り、宇多田にとって「住みやすい国」でなくなることだけは確実だ。

 もっとも、これを機会に日本に戻ってくるなんてことになれば、ファンは歓喜で迎えることだろうけれど。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  4. 4

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

  7. 7

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  8. 8

    今更札幌って…マラソン前代未聞の開催地変更案で世界の恥

  9. 9

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  10. 10

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る