元子役・柳生みゆ 織田裕二ステップに3度目の正直なるか

公開日:  更新日:

 最近、頻繁にオンエアされているビズリーチ「地図で仕事が探せるアプリ『スタンバイ』」のCMで「家の近くにいい仕事ないかなぁ」とスマホを手に取るイマドキ風の女子は、女優の柳生みゆ。実はNHKの朝の連続テレビ小説「カーネーション」(11年)では尾野真千子が演じたヒロイン・小原糸子の妹役を好演して、注目された。

「最近注目される“朝ドラ女優”のハシリで、一時はイベントや取材が殺到したのですが、ブームはあまり長続きしませんでした。タレント歴は長く、デビューは8歳の時。TBSドラマ『いのちの現場から6』で子役デビュー。10歳の時には日本・イラン合作映画『風の絨毯』に主演し、イラン・ファジル映画祭で数々の賞を受賞しています。その後も子役としてドラマや映画で活躍していたのですが、なかなか知名度が上がらなかった」(芸能ライター)

 子役として、朝ドラ女優として、2度のチャンスを生かせなかった柳生にやってきた3度目のチャンスが昨年オンエアされたオープンハウスのCMだった。織田裕二が、東京の一戸建てに住むことに憧れる犬のジョン役を演じたこのシリーズの「あの娘の家」編で、ジョンに「お友達になりませんか」と言われ、「家目的ですか?」と厳しい目を向ける良家の美女犬を演じ、「あの可愛い子は誰?」と注目された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  4. 4

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る