エスパー伊東、井手らっきょも “裸芸封印”で熊本復興支援

公開日:  更新日:

 25日、熊本地震の復興支援に感謝するイベント「応援ありがとう!くまもとフェスタin東京・丸の内」に熊本出身のタレントが集結した。

 映画監督の行定勲(48)、元広島カープの前田智徳(45)、「茨城ゴールデンゴールズ」片岡安祐美(29)らが登場する中、服を着ているせいか、おとなしい2人が。ひとりは熊本市出身の井手らっきょ(56)。

「『絶対に脱ぐな』と言われてきたので、今日は服を着てきました」と笑わせるも、「まだ爪痕は残っていますが、町中に人が集まってきているので安心しています。元気や笑顔が熊本県民の特徴ですから、ぜひ熊本に足を運んでください」と真面目にコメントしていた。

 もうひとりはこちらも“裸芸”でおなじみのエスパー伊東(55)。地震前から熊本のイベントにたびたび出演してきたエスパーも、トレードマークのタイツ姿ながら上半身に派手なマントを着用。阿蘇郡の出身だが、「実は生まれてから数年しか過ごしていないので、熊本のことにそんなに詳しいわけじゃないんですが……復興を望みます」とうつむきながら話すと、会場は苦笑いに包まれていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る