3歳で父蒸発…アインシュタイン河井語るプレハブ小屋生活

公開日:  更新日:

 そうしたら、捨てる神あれば拾う神あり! 「心斎橋にある雑居ビルの管理人したら、そこの屋上に住める」って知人が紹介してくれたんです。まさに渡りに船ですわ。

 ただし、そこは清掃道具の倉庫。清掃人の休憩室を兼ねてたんで、1DKほどのプレハブ小屋。そやから壁も屋根もペッラペラのベニヤ板。夏はムチャクチャ暑くて冬は逆に外と変わらんくらい寒い。別棟の風呂場も最悪でね。バスタブだけで脱衣場がないんです。おまけにプレハブ小屋との間は囲いがないから、周囲のビルの高層階から丸見え。オカンもタオルを体に巻いて毎回ダッシュしてました。

 夏場のある熱帯夜。あまりに蒸し暑いんで、オカンがパンティー一丁、上半身ハダカで洗濯物干してたら、いきなり警察官がドヤドヤドヤッと。何ゴト? と思ったら、「ハダカのオバはんがいる」と110番通報があったって。オカンも人騒がせですわ、ホンマ。

 そうそう、台風の時に屋根がめくれたこともあったなぁ。それ見て、オカンが「フタが飛びよった」……。

 さすがに今は引っ越してネタにしてますけど、ホンマにドン底。せやから、早いとこ人気芸人になって親孝行したい、こう思ってます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る