ふるさと演歌の大沢桃子 「モガ」コスチュームに大変身

公開日: 更新日:

 まるで昭和初期の「モガ(モダン・ガール)」みたい!

 軽やかにステップを踏んでいるのが、演歌歌手の大沢桃子(年齢非公表)というからビックリだ。岩手県出身でこれまでは「南部恋唄」「みちのく平泉」など“ふるさと演歌”が中心だったが、5日発売の新曲「恋する銀座」ではイメージを一新した。

「もともと芸能界に入ったきっかけは“エレキの神様”寺内タケシさんに弟子入りしたところから始まりました。来年、歌手デビュー15周年を迎えるので、今回はルーツに戻ってみようかと……」

「恋する銀座」は1967年に和泉雅子、山内賢が歌って大ヒットとなった「二人の銀座」のアンサーソングにもなっているという。昭和初期を懐かしい人も、60年代を記憶している人も、一聴の価値アリ!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  6. 6

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  7. 7

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  8. 8

    ジュニア「22歳定年制」導入 “ポスト木村拓哉”だったT君は

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    松本潤「どうする家康」でNHKが狙う“ALLジャニーズ時代劇”

もっと見る