ふるさと演歌の大沢桃子 「モガ」コスチュームに大変身

公開日:  更新日:

 まるで昭和初期の「モガ(モダン・ガール)」みたい!

 軽やかにステップを踏んでいるのが、演歌歌手の大沢桃子(年齢非公表)というからビックリだ。岩手県出身でこれまでは「南部恋唄」「みちのく平泉」など“ふるさと演歌”が中心だったが、5日発売の新曲「恋する銀座」ではイメージを一新した。

「もともと芸能界に入ったきっかけは“エレキの神様”寺内タケシさんに弟子入りしたところから始まりました。来年、歌手デビュー15周年を迎えるので、今回はルーツに戻ってみようかと……」

「恋する銀座」は1967年に和泉雅子、山内賢が歌って大ヒットとなった「二人の銀座」のアンサーソングにもなっているという。昭和初期を懐かしい人も、60年代を記憶している人も、一聴の価値アリ!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る