ふるさと演歌の大沢桃子 「モガ」コスチュームに大変身

公開日: 更新日:

 まるで昭和初期の「モガ(モダン・ガール)」みたい!

 軽やかにステップを踏んでいるのが、演歌歌手の大沢桃子(年齢非公表)というからビックリだ。岩手県出身でこれまでは「南部恋唄」「みちのく平泉」など“ふるさと演歌”が中心だったが、5日発売の新曲「恋する銀座」ではイメージを一新した。

「もともと芸能界に入ったきっかけは“エレキの神様”寺内タケシさんに弟子入りしたところから始まりました。来年、歌手デビュー15周年を迎えるので、今回はルーツに戻ってみようかと……」

「恋する銀座」は1967年に和泉雅子、山内賢が歌って大ヒットとなった「二人の銀座」のアンサーソングにもなっているという。昭和初期を懐かしい人も、60年代を記憶している人も、一聴の価値アリ!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パナマ文書に義姉会社 加藤厚労相とベネッセ“奇怪な関係”

  2. 2

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  3. 3

    ロッテ1位・佐々木朗希<1>野球経験なしの父が放った本塁打

  4. 4

    東大が方針転換 英語民間試験に突き付けた「NO!」の波紋

  5. 5

    日本はもはや国の体をなしていないことを実感した1カ月

  6. 6

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<1>流されて会社員に

  7. 7

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  8. 8

    時代の流れに逆行…花形種目のマラソンが五輪から消える日

  9. 9

    ロッテ1位・佐々木朗希<2>母は女手一つで息子3人を育てた

  10. 10

    渥美清<前編>“飴屋横丁”で働き身につけた寅さんの売り口上

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る